学校法人 ムンド・デ・アレグリア

学校法人 ムンド・デ・アレグリア トップページ

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
ホーム  >  ドコモ市民活動団体助成事業  >  キャリア教育
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

キャリア教育

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

(一般社団法人)静岡県自動車整備振興会様に「職業講話」を実施していただきました

 9月1日と7日の2日間、リモートにて高校生にむけて整備士の職業講話を実施していただきました。

DSC01686.JPGDSC01744.JPG

 

 

 

 整備士になるためには通常専門学校に進学しますが、生徒の保護者の多くが経済的な問題を抱えています。これまでも進学を希望しても金銭的な問題で断念しなければならない生徒が多くいました。今回の職業講話は「自動車整備工場で働きながら国家資格を取れる」ことをお話しいただけ、また一つ生徒の進路の可能性が広がるものとなりました。

 職業講話は9月1日実施の予定で準備を進めていただいていましたが、静岡県にも8月下旬に緊急事態宣言が発出され、学校は生徒の安全を守るためリモート授業に切り替えざるを得ませんでした。職業講話については延期の選択肢もありました。しかし、ブラジル人学校の卒業は1月なので、3年生のためには1日にどうしても開催したいとの意向をお伝えしリモートでの実施を快諾いただきました。

 日本語で実施される講義については、ブラジル人学校では生徒の日本語レベルが様々なので、日本語が初級レベルの生徒にも講義がわかるように配慮しなければなりません。一番簡単なものがその場での通訳ですが、子どもたちにとっては非常にストレスがかかるものです。両言語を聞かないといけないので、生徒の集中力が途切れ、せっかく日本語で講義を聞くいい機会であるにも関わらず日本語に集中できないからです。

 そこで、パワーポイントの資料をポルトガル語に翻訳し、当日は日本語でお話しいただきながらポルトガル語のパワーポイントをご使用いただき、講義後の質問のみ通訳を介するという方法を取りました。この方法は打ち合わせ・メールのやり取り・リハーサルとかなりの準備が必要でした。そして、リモートでの開催に切り替えたため、1・2・3年生、学年ごとに3度にわたり講義をしていただき、講義をしていただいた方にはお忙しい中、多くの時間を割いていただいきました。

 

 

 3回にわたり実施していただいたおかげで、今回の職業講話には64名(国籍:ブラジル・ペルー・パラグアイ)が参加することができました。

◆ 講義後の生徒からは 

 ・知らないことをたくさん学べてとてもいい経験になった

 ・専門家の方から専門分野の話を聞けてとてもよかった

 ・働きながら勉強し資格を取ることができるのは非常に興味深かった

 ・整備士がどんな仕事なのかを聞くことができてよかった

 などの感想が聞かれ、生徒にとってとてもいい機会となりました。

 今後、生徒が希望すれば職場見学・職場体験・インターンシップもご対応いただけます。

(すでにインターンシップを希望の生徒がいるので、近日中に実施していただく予定です。)

静岡県自動車整備振興会様

職業講話を実施いただきありがとうございました

※キャリア教育事業は、『ドコモ市民活動団体助成事業』からの助成金により実施しています。

  MCF公式WEBサイト(http://www.mcfund.or.jp/)

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

「NJT銅管株式会社」様を会社見学させていただきました

2021年8月5日(木)

愛知県豊川市にある「NJT銅管株式会社」様を訪問させていただきました。

工場見学の前に映像で銅管ができるまでの流れや工場の様子をご説明くださいました。

映像での説明後、実際の現場を見学させていただいたので、巨大な素材としての銅がたくさんの工程を経て、

様々な種類の銅管になっていくのを興味深く観察することができました。

生徒たちは、少ない人数で機械を動かして、大きな工場を稼働させていることに大変驚いていました。

そして、実際の現場を見学することで、もっと日本語を勉強しなければならないと感じたようです。

今後も生徒たちが就職するにあたり、不安にならないように日本語学習をサポートしていきます。

「NJT銅管株式会社」の皆様、ありがとうございました。

※キャリア教育事業は、『ドコモ市民活動団体助成事業』からの助成金により実施しています。

MCF公式WEBサイト(http://www.mcfund.or.jp/)

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

◇◆ 浜松市の企業を知ろう ◆◇

~ スズキ歴史館 ~

~ ヤマハイノベーションロード ~

当校には中高校生で来日した生徒もいるため、地元有名企業とは言え名前は知っていてもその詳細を知らないという現状があります。

そこで、地元浜松市の企業を知ろうという取り組みを行いました。

幸運なことに、浜松市には企業博物館が複数存在しています。今回は「地元再発見!」をテーマに、二つの企業博物館、自動車メーカー「スズキ歴史館」、楽器メーカー「ヤマハイノベーションロード」を訪問させていただきました。

◇ 2021年6月29日

<第1回目>

「スズキ歴史館」 訪問

 スズキ1.jpg

まず、3階を見学し「スズキ株式会社」の歴史を学びました。

創業時は「織機メーカー」だったことに、全員が驚いていました。

スズキ2.jpgのサムネイル画像スズキ2B.jpgのサムネイル画像

昔のバイクを見ても、今と変わらず、かっこいいと思えるバイクや車がたくさん展示してあったこもとても楽しかったようです。

織機からバイク、そして自動車と、昔のテクノロジーがない時代から現在まで長く進化し続けているのだということに、開発への熱意と工夫が感じられたと感動していました。

2階では、自動車の開発の流れや模型、自動車の内部構造も見ることができました。

工場でのロボット操作も体験でき、このような仕事にとても興味がわいたようです。


スズキ4A.jpg

スズキ4B.jpg

自動車ができるまでの映像も見ることができ、、本物そっくりのミニカーに大興奮でした。ミニカーを走らせながら「空から見た遠州地方」の地図上で自宅を探すことも楽しんでいました。

スズキ5.jpg

「スズキ歴史館」の皆様、

ありがとうございました。

---♪♪♪---♪♪♪---♪♪♪---♪♪♪---

◇2021年7月13日

<第2回目>

「ヤマハイノベーションロード」 訪問

ヤマハ1A.jpgヤマハ1B.jpg

鍵盤になっている消毒液がエントランスにあり、一瞬でヤマハの世界へ入り込みました。

「ヤマハ株式会社」様の歩みや歴史を絵巻物風に描いた壁を見ながら学ぶことができ、家具など楽器以外のいろいろな分野の物も作っていることを知ることができました。

ヤマハ2A.jpgヤマハ2B.jpg



とても古い貴重なオルガン、最新の音と共に映像が流れるピアノなど、楽器の歴史も見たり体験したりすることができ、生徒たちは本当に喜んでいました。

ヤマハ3A.jpg

ヤマハ3B.jpg

楽器を弾いた経験のない生徒は、「何か一つでも楽器を弾けるようになりたい」、「様々なデザインの楽器を見ているだけでも楽しかった」「友達とまた来たい!!」と話していました。

ヤマハ4A.jpgヤマハ4B.jpg

ヤマハ5集合.jpg

「ヤマハイノベーションロード」の皆様、

ありがとうございました。

~☆~☆~☆~☆~~☆~

 二つの企業博物館への訪問により、地元企業の素晴らしさがわかったようです。このようにいろいろな職種を知り、自分の働きたい職種や企業に出会えることを願っています。

 昨年から続く新型コロナ感染拡大の影響で予定していた地元企業様への職場体験などの訪問が次々とキャンセルになり、がっかりすることも多い生徒ですが、今回の企業博物館訪問を通して、参加した生徒が笑顔になり「わくわく」する時間を経験・共有できたことは、とても喜ばしく、本取り組みは大変有意義なイベントとなりました。

※キャリア教育事業は、『ドコモ市民活動団体助成事業』からの助成金により実施しています。 

05_MCFバナー.jpgMCF公式WEBサイト(http://www.mcfund.or.jp/

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

ハママツメタル加工協同組合様 職場見学会

今年度もコロナ禍で企業様への訪問、職場見学が難しい中、

「ハママツメタル加工協同組合」様の職場見学をさせていただけることになりました。

昨年は、リサイクル事業を展開されている

「ハママツメタル加工協同組合」様の工場へ本校高校生が訪問し、

市内の事業所から集められた資源を分別する作業の職場体験をさせていただきました。

今回は、

本校の備品の中で、壊れたり、使えなくなったりして倉庫に長年眠っていたものを

リサイクル資源として回収して頂く様子を見て、

視点を変えて環境について学ぶ機会を得ることができました。

2021年6月9日 「見学前オリエンテーション」

まずは、見学前に

「ハママツメタル加工協同組合」様の会社概要や

昨年、一部の生徒が訪問させていただいた時の工場の様子、

仕事風景などをオリエンテーションで予習しました。

DSC01358.JPG DSC01361.JPG

DSC01363.JPG

オリエンテーションをすることにより、

どのようなことをしている会社なのかということを理解した上で

見学させていただくことができました。

2021年6月10日 「職場見学」

「ハママツメタル加工協同組合」様からご説明を受けながら

職場見学をさせていただきました。

まず、生徒たちは

トラックの上に乗ったクレーン車にびっくりしていました。

そして、それを挟んでは持ち上げ、

潰して、小さくして運ぶということにも驚いていました。

DSC01401.JPG DSC01388.JPG

使えなくなった物はゴミになるだけだと思っていた生徒は

リサイクルができる物を分別して

また違う物に生まれ変わらせる大切な仕事だという事を学びました。

また、女子生徒からトラックの運転やクレーン車の操縦の仕事をやってみたいと声が上がり

・どのような免許が必要ですか

・トラックの運転だけの仕事もありますか

・女の人でもできますか

・アルバイトは募集していないですか

など質問がたくさん出ていました。

質問にも丁寧に答えていただき生徒たちはとても喜んでいました。

見学後のアンケートにも

「説明がわかりやすく、この仕事のことをもっと知りたくなりました」

「働いている方が穏やかで、一緒に働きたいと思いました」

などの感想がありました。

知らなかった仕事を知り、一緒に働いてみたいという気持ち、

仕事に繋がる免許を取得し活躍したいと思う気持ちが芽生えることが

キャリア教育においてとても大事なことだと思います。

DSC01374.JPG

お忙しい中、職場見学をさせてくださった

「ハママツメタル加工協同組合」の皆様

ありがとうございました。

MCF公式WEBサイト(http://www.mcfund.or.jp/)

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

正規社員として働く卒業生の体験発表<第3回>

2021年5月26日

「ドコモ市民団体助成事業」様でご支援いただいている事業での

「正規社員として働く卒業生の体験発表」の第3回目をムンド校内で執り行いました。

今回は、不動産の仕事をしている卒業生が発表をしてくれました。

彼女は当校の日本語クラスと進学クラスで一生懸命勉強をして、

専門学校へ進み、インテリアデザインを専攻し、学びました。

専門学校の勉強に加えて、宅建の資格も取得し、

興味のあった不動産関係の会社に就職することができました。

日々の店頭業務では、日本人のお客様にも外国人のお客様にもマルチに対応でき、

強みのあるバイリンガルを前面に活かす仕事で活躍している卒業生です。

DSC01313.JPG

在校生たちは先輩である卒業生の話を聞いて、とても世界が広がったようです。

頑張って日本語の勉強をすれば自分も選択肢が広がり、

自分のやりたい職業に就くことができると思えてきたようです。

DSC01309.JPG

在校生からは

・仕事の中で大変だったこと、この会社で働いていてよかったと思うこと

・漢字はよく使いますか

・外国人と日本人の社会での違いは感じましたか

等々、いろいろな質問が出ていました。

DSC01321.JPG

周りに不動産会社で働いている人がいない生徒は、大変だったことやよかったと思うことを聞いて

どんな仕事かというイメージを膨らませたかったようです。

どれくらい勉強したら同じように資格を取得したり、

就職したりできるのかということも知りたくなったようでした。

質問にもあった「漢字」、漢字がやはり生徒たちには難しいことの一つなので、

大変気になっているようでした。

このように卒業生の話を聞き、日本語の勉強に必要性を感じ勉強へのモチベーションが上がること、

少しでも多くの生徒が正規社員を目指してくれることがとても大事だと思います。

正規社員として安定した生活を送ることができるように、

今後もいろいろな機会を作っていきたいと思っています。

DSC01324.JPG

MCF公式WEBサイト(http://www.mcfund.or.jp/)

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

「日本語能力試験」合格を目指して!

ムンド・デ・アレグリア学校では、

就職や進学にも有利な「日本語能力試験」の受験を

早い段階から目指せるよう

通常クラス、特別クラスの他に

レベル別の「日本語能力対策クラス」を開講しています。

DSC01326.JPG DSC01331.JPG

DSC01337.JPG DSC01333.JPG

それぞれの学力向上を目指し、

N1~N5までのレベル別のクラスで合格を目指して勉強に励んでいます。

DSC01339.JPG DSC01335.JPG

DSC01336.JPG DSC01338.JPG

年に2回ある試験で、

今年の第1回目の試験日は7月4日です!

6月に校内の模擬試験を受けてから、本番を迎えます!

DSC01308.JPG

あと1ヶ月ほどです!

みんなで「日本語能力試験合格」を目指して頑張りましょう!