学校法人 ムンド・デ・アレグリア

学校法人 ムンド・デ・アレグリア トップページ

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
ホーム  >  ホットニュース  >  ニュース
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

ホットニュース

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
ニュース
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2020/07/02
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

冷たくておいしいプレゼントをいただきました

IMG_20200629_105502.jpg

株式会社ヒューマンアロー様より全生徒・教職員に、嬉しいプレゼントを届けていただきました。

DSC04961.JPGIMG_20200629_105537.jpg

これから本格的に訪れる夏にぴったりな、見た目も涼しげなミニストップのスイーツです。

IMG_20200629_105513.jpgDSC04974.JPG

新型コロナウイルスの影響で、制限のある生活が続く中、

子どもたちをとびきりの笑顔にしてくれた嬉しいプレゼントです。

株式会社ヒューマンアロー様、ありがとうございました!

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2020/06/30
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

就職のための日本語クラス

DSC05163.JPG

世界的に新型コロナウイルスへの不安がまだまだ絶えない中ですが、

健康管理を十分にしながら、今の状況で自分たちに何が必要で何ができるかと考え行動しています。

現在12月に向けての日本語能力試験対策を行っています。

そこで日本語能力試験の模擬試験をしました。まだまだ困難な道ではありますが、

自分の現時点での日本語のレベルを知ることもできたため、

「合格」という道に向かって毎日の課題、自主勉強を頑張っています。

DSC05162.JPG DSC05164.JPG

また、本格的に就職の面接に向けて、面接時の服装から出入りのあいさつ、質問の受け答えなど、面接時でよく見られる点を中心に指導を始めました。履歴書の作成も人の手を借りなくても書けるように、今後、何度も練習を重ねます。

日本語という大きい壁を乗り越え、全力で前に進んで行って欲しいです。

今後も就職支援に尽力して参ります。

バナー.jpg MCF公式WEBサイト(http://www.mcfund.or.jp/)

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2020/06/18
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

遠足に行きました!

遠足.JPGのサムネイル画像

今年もはままつフラワーパーク様から浜名湖花フェスタの招待券をいただきました。

6月1~4日の4日間に分けて幼稚園クラスから小学生クラスまでの子供たちが遠足に行きました。

晴れの日や小雨、曇り空の日がありましたが、園内の色鮮やかに咲き誇る花や


元気に大きく育つ植物に、子供たちは「きれい」「すごいね」と興味津々でした。IMG_7162.jpgのサムネイル画像 IMG_7159.jpgのサムネイル画像


他にも、フラワートレインに乗って園内を周遊したり、

水と音楽の大噴水ショーを見たりと十分に楽しむことができた遠足になりました。

e4007e1d-346b-44b7-a1eb-36989b61a636.JPGのサムネイル画像

はままつフラワーパーク様ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2020/05/31
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

オンライン授業(就職のための日本語クラス)

本校では、4月13日(月)から5月8日(金)まで、6年生以上高校生までは、浜松市内の公立小中学校に準じて、「休校」の対策を取り、オンライン授業を実施していました。

インターネット環境が十分ではない中、40分の途切れ途切れの授業となり、また使い慣れていない画面越しでのやり取りは教員、生徒共に簡単なものではありませんでしたが、休校の際でも生徒の元気な表情を見られて安心しました。

ムンド校では、身体の健康、心の健康、保護者の状況を踏まえ慎重に判断し、5月11日(月)から検温、毎時の手洗いうがい指導、換気、マスク着用の徹底など安全対策を取った上で、全学年通常の授業を再開しました。

新型コロナウィルスの影響で、当校で今年の夏予定していた、浜松東ロータリークラブ様主催の合同職場体験が中止になりました。更に、外国籍の生徒にとって、合格すれば就職活動の際に強い武器となる日本語能力試験も中止が決まりました。来年度の就職を控え、試験合格を目標に勉強を進めていた就職クラスの生徒たちには厳しい状況ですが、それでも自分たちに今できることを考え、ねばり強く勉強を続けています。

今後、就職のための日本語クラスでは、面接時の服装から出入りのあいさつ、質問の受け答え方など面接指導をしていきます。併せて、履歴書の指導も開始しますが、履歴書を初めて見る生徒が多いので、慣れるまで何度も練習を重ねます。

自分の希望を叶え、前に突き進んでいって欲しいと思います。

今後も就職支援に尽力して参ります。

バナー.jpg MCF公式WEBサイト(http://www.mcfund.or.jp/)

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2020/04/21
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

松川電氣株式会社様(浜松市) のご協力により、

電気設備工事の「職場見学」、「職業体験」をさせて頂きました。

■ キャリア教育➁【職業体験】(電気工事士体験)

2020年4月2日 

 3月の「保育園建設現場見学」に続いて、今月は、松川電氣株式会社様のご厚意で「電気工事士職業体験」をさせて頂きました。コロナウイルスが心配な時期ですが、全員マスク着用の上、作業前後の消毒を徹底し、室内ではなく、外(敷地内の研修施設)で行われました。

 今回の職業体験では、「松川電氣㈱様の新入社員の方の研修に、本校生徒がお邪魔させて頂く」いう貴重な形式をセッティングしてくださいました。めったにできない経験ができるということで高1~高3、ブラジル生徒ペルー生徒あわせて15名の校内応募がありました。当初、数名の予定だったにもかかわらず、大変ありがたいことに、15名全員を受け入れてくださいました。

 体験は、グループに分かれて、ベテラン社員の方のていねいでわかりやすい日本語でのご指導の下、細かい配線をつなげるなどの繊細な作業に挑戦したり、長い配管を手作業で90度に曲げる技術にチャレンジしたりしました。さらには、初めて見る工具や機械を使わせて頂きながら、鉄骨を切る、鉄板に穴をあけるなどの体験することができました。はじめは、緊張していた本校の生徒たちでしたが、指導してくださった社員の方のプロの技に感嘆し、生徒全員興味津々で、前のめりになりながらお手本の作業を見ていました。

~ 安全に関する注意事項をしっかり聞いて、ヘルメットと手袋を準備 ~

image001.jpg

◆ グループに分かれて、大きな配電盤の前で

「電柱から電気がここへ・・・」とわかりやすく説明をして頂きました。

image002.jpg

◆ 本来は、資格者の方が行う作業ですが、

研修施設で特別に体験させて頂くことができました。

image004.jpgimage003.jpg

◆見たこともない太いケーブルを巻くだけでも 一苦労。

image005.jpg

◆ 電動ドリルで 鉄骨に穴あけチャレンジ。

振動をうまく抑えきれず、ぐらぐら・・・。「難しい!」

image006.jpg

◆「力だけじゃなくて、コツをつかんで!!」

とのアドバイスを受けつつも、うまくいかず、4人がかりでパイプ曲げに挑戦、

少し曲げることができ、大歓声!

image007.jpg

◆ 長さを決めて、電動カッターで鉄筋を切りました。

image008.jpg

◆ 「楽しかったです!」マスク越しに全員笑顔で終了しました。

image009.jpg

  今回、すべての生徒が終始「笑顔」で、楽しく体験させて頂きましたが、実際の仕事では、危険も伴う大変厳しいものであることも説明を受けました。しかしながら、電気なしでは生活できない現代では、建物の裏側、表側、施工の最初から仕上がりまで担当する大変やりがいのある仕事であるというお話もお聞きすることができました。

 日々、確かな技術を持った方が電気の工事を行ってくださっているので、私たちは、安全に快適に、そして当たり前の毎日として電気を使っていることをあらためて実感しました。

 体験後、松川電氣㈱様の方から生徒に「Q:日本では、ないと思いますが、今までに、電気で ビリっときた経験は、ある?」というご質問がありました。生徒数人が手を挙げ、同行したブラジル人教員も「ブラジルでは、よく、よくありますよ、普通です。」と即答し、驚きました。改めて、日本の技術がしっかりしたものであると、ブラジル人生徒、教員ともに再認識しました。

 今回の体験を機に、卒業後「高度な日本の技術を学ぶ」という目的をもって、さらに日本語の学習に磨きをかけ、将来的に地域で活躍できるような本校の生徒が増えることを願います。

松川電氣株式会社の皆様

お忙しい中、貴重な機会をありがとうございました。

※キャリア教育事業は、『ドコモ市民活動団体助成事業』からの助成金により実施しています。

image010.jpg  MCF公式WEBサイト(http://www.mcfund.or.jp/)

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2020/04/21
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

松川電氣株式会社(浜松市)様 のご協力で

電気設備工事の「職場見学」「職業体験」をさせて頂きました。

■ キャリア教育①【職場見学】保育園建設現場 電気設備工事)

2020年3月12日

 いつも本校をご支援いただいている松川電氣株式会社様のご厚意で 本校の高校3年生5名と卒業生1名が、施工中の保育園の職場を見学させていただきました。

 今回は、木造建築の保育園の現場を見せて頂きました。建築中の建物の中で、実際に施工中の様子を見せて頂くことによって、日頃、当たり前に使っている電気の設備の仕組みや必要性について理解を深めることができました。

 「電気工事の仕事は、安全性を十分確保したうえで、たくさんの工具を使いこなさなくてはいけない」という説明をお聞きした後、実際に工具を身につけさせていただきました。

生徒は15kgというその重さに驚いていました。

image001.jpgimage002.jpg

 

 

 建築中の現場では コンセントや照明器具に関することだけでなく、壁から出ている数種類のケーブルについて説明を受けたり、配電盤や火災報知設備についてお聞きしたりしました。

image003.jpgimage004.jpg

image005.jpg

松川電氣株式会社様の皆さま

お忙しい中、このような貴重な機会を用意して頂き、ありがとうございました。

※キャリア教育事業は、『ドコモ市民活動団体助成事業』からの助成金により実施しています。 

MCFimage010.jpg公式WEBサイト(http://www.mcfund.or.jp/)

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2020/04/17
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

「新型コロナウイルス 感染拡大防止 対策」

 本校でも、4月13日(月)から、高学年以上高校生までは、他の浜松市内の学校に準じて、「休校」の対策を取り、オンライン授業を実施中です。

 ムンド・デ・アレグリア学校に通う児童生徒の保護者は、いわゆるブラジルからの出稼ぎ労働者が大半で、両親ともに非正規雇用者も多いことから、工場が稼働している間は仕事を休むことができない家庭がほとんどです。

 そのため、家庭にいられない子どもたちについては、学校で預かり、子どもたちの健康に配慮しながら、遠隔者と登校者の両方をコントロールしている状況です。

 オンライン環境が十分ではない本校ですが、教員が試行錯誤しながら工夫して、生徒に授業を届けています・・・。

image002.jpg

image003.jpg

■ ブラジル高校生 母語授業

 「科学」の授業中!

  "POSITIVO" ブラジル本国のテキスト

image005.jpg■ ブラジル高校生 母語授業

「保健体育」もオンラインで!

image007.jpg■ 9年/高1 日本語 授業

(入門クラス=6レベルのいちばん下)

 オンラインの「ホワイトボード」に

生徒が ひらがなを書き込んで、

教員が確認中。

 いつもとは違う環境ですが、時間になるときちんと制服を着た生徒が、それぞれの教員の呼び出しにログインして授業がスタートします。通常のクラス集団の中で、ほとんど発言しない生徒が、パソコンやスマホの前では、積極的に発話するなど、新しい発見に出会うこともあります。

 インターネット環境となると、子どもたちの方が詳しいことも多く、接続で戸惑っている教員に「先生!○○ですよ!」と、メッセンジャーで サポートしてくれることも・・・。

 世界中が大変な毎日ですが、明るく前向きに、コロナに負けないように、過ごしたいと思います。

 一日も早く、新型コロナウイルスの感染拡大が終息すること、通常の授業が再開できることを願っています!

 そして・・・、皆様のご健康を心よりお祈りしております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2020/04/10
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

「ホストタウン相手国・地域へお手紙を送ろう」のお手紙キット贈呈式

DSC04864.JPG

4月3日(金)、「ホストタウン相手国・地域へお手紙を送ろう」のお手紙キット贈呈式を開催しました。

浜松市はブラジルのホストタウンとしてブラジルのパラリンピック選手団の事前合宿地がなっています。この度、日本郵便株式会社様が主催する「ホストタウン相手国・地域へお手紙を送ろう!」事業に当校生徒も参加し、ブラジルパラリンピック選手団へ熱い声援を送ります。

当校の生徒たちは、これまでブラジル代表のパラリンピックの選手の皆様と交流を重ねており、今年度選手の方々が浜松市に事前合宿に来られる際には、ボランティアスタッフとして、選手の皆様をサポートする予定でした。

DSC01998.JPG

2019年6月 

浜松市へのパラリンピックボランティア登録会(ムンド・デ・アレグリア学校にて) 

IMG-20190802-WA0007.jpg

2019年7月 柔道パラリンピック選手の練習見学(雄踏総合体育館にて)

IMG-20190722-WA0003.jpg

2019年7月 パラリンピック選手団歓迎会で合唱(THE HAMANAKO/ザ ハマナコにて)

新型コロナウィルスの影響で残念ながら1年延期となってしまいましたが、

一刻も早く事態が終息し、また選手の皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

DSC04850.JPG

日本郵便:浜松地区統括局長後藤様より、当校生徒代表生徒オリベイラヌリアネ(高等部3年)へお手紙キット贈呈

DSC04855.JPG

代表生徒挨拶(高等部3年 カンポス ウィルソン)

「母国ブラジルにいるパラリンピック選手の皆さんに、

応援メッセージを送るチャンスをいただき、大変嬉しいです。

遠く離れた日本にいますが、少しでもパラリンピック選手の皆さんの力になれるよう

気持ちをこめて書きたいと思います。」

日本郵便様、浜松市スポーツ振興課様、ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2020/03/31
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

就職のための日本語クラス卒業生より便りが届きました

DSC04683.JPG

2020年3月4日、嬉しい便りが届きました。

2019年度の卒業生(2020年1月卒業)で、就職のための日本語クラスを受講していた生徒2名の近況報告です。

就職先である、株式会社ニチイ学館のニチイケアセンター入野のセンター長様が、2人からのはがきと様子を伝えに来てくださいました。

2019年8月に職場体験をさせていただき、「介護の仕事に携わりたい!」と就職を目指し頑張ってきました。

入社後の様子をお聞きし、まだまだ覚えなくてはならない日本語や仕事がたくさんありますが、明るく楽しく、精一杯頑張って働いていることがわかり、スタッフ一同、安心いたしました。

また、卒業生たちが自身の希望を叶え、ステップアップに向けて努力していることが、大変嬉しいです。

これから先、様々な困難や壁にぶつかることもあると思いますが、ムンド校で学んだこと、頑張りぬいたことを糧として、乗り越えていけると信じています。

ムンド校では先月から新学期が始まりました。

日本語のための就職クラスでは、新3年生に対する職場見学や就職説明会などの指導を行っています。

先輩たちの頑張りや体験談、職場での様子などを伝えることは、新3年生の就職ビジョン形成の助けになります。

今後も、卒業生や在校生の就職支援に尽力して参りたいと思います。

※キャリア教育事業は、『ドコモ市民活動団体助成事業』からの助成金により実施しています。 

バナー.jpg MCF公式WEBサイト(http://www.mcfund.or.jp/)

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2020/03/04
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

 ☆ ひな祭り ☆ 

2020年3月2日

今年も 低学年の生徒は、ひな祭りにあわせて、お内裏さま、お雛さまを折り紙で作成し、ささやかな日本文化体験をしました。

国が違っても、女の子たちは お姫さまが大好き。作品を手に「プリンセ~サ!!(プリンセス)」と毎年大喜びです。

ご支援者の方からご寄付頂いたきれいな親王飾りの前で、記念撮影をしました!

image001.jpg

個性いっぱいのお雛さま、完成!

image003.jpg

折り紙が得意な子がちょっとお手伝い。

(ブラジル1年生クラス)

image005.jpg

自分の作品と見比べて・・・

image007.jpg

プリンセス大好き3年生!

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2020/02/27
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

八鈴興業株式會社様へ卒業生就職!

DSC04528.JPG

2020年2月20日、ブラジル課程卒業生ロウレンコビニシウスが八鈴興業株式會社様(静岡県湖西市)へ入社いたしました。

DSC02913.JPG

八鈴興業株式會社様のご厚意で、お忙しい中時間を取ってくださり、2019年度は何度も職場見学をさせていただきました。

彼も、2019年8月8日に職場見学をさせていただき、その後、「ぜひ就職したい!」と興奮した様子でしたが、最終的な進路決定までにかなりの時間を要しました。

さまざまな職種、職場があるため、大変悩んでおりましたが、「やはり八鈴興業株式會社様に就職したい!」と決意。

他の就職クラスの生徒たちと同様に、履歴書の記入に苦労しましたが、何回も書き直し、漢字のミスのないよう書き上げました。

八鈴興業株式會社様から採用のご連絡をいただき、卒業後の進路が決まったことに安堵していました。

ムンド校は日本の高校よりも卒業が早いため、すでに入社し、勤務を開始しています。

2年間は準正社員として働き、2年後、勤務状況や彼の努力次第で正規社員へ転籍できます。

入社後2ヶ月間は、見習期間です。一つ一つ仕事を覚え、精いっぱい頑張ってほしいです。

2019年度が終わり、ムンド校では2020年度が始まりました。

就職のための日本語クラスも新3年生に向けての指導を開始です。

より多くの生徒への支援を目指し、今後も力を尽くして参ります。

※キャリア教育事業は、『ドコモ市民活動団体助成事業』からの助成金により実施しています。 

バナー.jpgのサムネイル画像 MCF公式WEBサイト(http://www.mcfund.or.jp/)

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2020/02/06
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

~ 節分 豆まき!~

2020年2月4日

今年も 恒例の 「節分 豆まき会」を行いました。

朝一番で、低学年の児童は、多目的室に集合し、「鬼は~~外~!」「福は~~内!」と

元気な声で練習し、鬼の到着を 今か今かと待ち構えました。

image001.jpg

鬼役は、もちろん、高校生のお兄さん、お姉さん。

お面をつけて、廊下で、準備万端。

今年は来日したばかりの新米鬼さんも参加で、ベテラン鬼さんが 廊下でレクチャー、という微笑ましい一コマが・・・!!

教員の合図と同時に「うぉーーーー!!」と部屋に走り込み、子どもたちを一気に追いかけまわしました。低学年の児童は握りしめた大豆を一生懸命投げて、鬼退治!

image002.jpg

「勝ったのはどっちー?」の教員の問いかけに「ぼく~、わたし~!」と 完全勝利に大いに盛り上がり、子どもたちの笑顔でスタートした明るい新学期の一場面となりました。

image003.jpg

15分程度の小さなイベントでしたが、幼い時期に、身体を使っていろいろな経験をすることはとても大切だと思います。

このように 日本の文化習慣体験の積み重ねを通して、多様な文化を自然体で受け入れることができる子に成長してほしいとスタッフ一同願っています。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2020/01/29
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

株式会社 ザ・フォレストカントリークラブ様、就職内定!

DSC04001.JPG

2019年12月23日、株式会社 ザ・フォレストカントリークラブ様(静岡県周智郡森町)より、ブラジル課程高校3年生フジイカイナン、オカダサラの2名が内定通知書をいただきました。2名とも、希望した職場に就職することができる、正社員として働くことができると、とても喜んでいました。

20191107_135722.jpg 20191107_142757.jpg

ご好意で職場見学をさせていただいてから、「この職場で働きたい!」と、就職クラスで履歴書の書き方を学び、面接の練習をして、試験に臨みました。

試験当日は大変緊張していましたが、練習の成果をきちんと発揮できたようです。

2人はそれぞれ、4月1日からキャディの仕事とゴルフ場を運営する業務に携わっていきます。多くの日本のお客様と接する仕事です。まだまだ日本語も未熟ですし、覚えなくてはならない仕事がたくさんあると思いますが、明るく笑顔で頑張ってほしいと思います。

1月31日は卒業式です。

今後も、就職内定をいただける生徒が1人でも増えるよう、支援に尽力して参ります。

※キャリア教育事業は、『ドコモ市民活動団体助成事業』からの助成金により実施しています。 

バナー.jpgのサムネイル画像 MCF公式WEBサイト(http://www.mcfund.or.jp/)

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2020/01/27
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

  日本人『保育士』さん 募集!! 

image002.jpg

2019年12月より

ムンド・エンカンタード(Mundo Encantado) 」

(校内保育施設) がスタートしました!

日本語・ポルトガル語のバイリンガル保育の実施に伴い、

日本人の保育士さんを 募集します!

①仕事内容:

  ムンド・デ・アレグリア学校内で 主に保育補助(ブラジル国籍3歳児~5歳児対象)

  ポルトガル語などの外国語は必要ありません日本語での絵本読み聞かせ等あり。

  ※60歳以上の方、ブランクのある方、歓迎!!

②時間:8:30~16:00 ※週2~3日で応相談

③資格:要保育士免許 ※幼稚園教諭資格のみの方、不可

④待遇:時給1000円~

⑤通勤:車通勤可、駐車場有

⑥募集人数:2名

★詳細につきましては、お気軽にお電話ください。

ムンド・デ・アレグリア学校 (浜松市西区雄踏町宇布見9611-1)

平日 8:30~16:45

電話 053-482-7668 担当:及川・古橋(日本語)

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/12/27
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

株式会社ニチイ学館様より、内定をいただきました!

DSC03940.JPG

12月10日、株式会社ニチイ学館様が、選考結果通知書を持って来てくださり、ブラジル課程モラエスミツコ、ペルー課程イケヤカズミの2名が採用内定の通知をいただきました。

結果をいただくまで不安そうな様子でしたが、採用の通知を受け取り、ほっと一安心したようで、笑顔がこぼれました。

希望通りの仕事に就くことができると、とても喜んでいました。

DSC03941.JPG

2人は来年2月から、介護職員としてニチイケアセンター入野で働きます。

パートとして介護の現場で仕事をしながら、介護資格の取得を目指します。

覚えること、勉強することがたくさんあると思いますが、明るく元気よく頑張ってほしいです。

卒業まで残り1ヶ月。

就職内定をいただける生徒が1人でも増えるよう、支援に尽力して参ります。

※キャリア教育事業は、『ドコモ市民活動団体助成事業』からの助成金により実施しています。 

バナー.jpgのサムネイル画像 MCF公式WEBサイト(http://www.mcfund.or.jp/)

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/12/17
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

《 浜松市 『沿岸域防潮堤市民植栽』ボランティアに参加 》

2019年12月14日

 

 浜松市が平成26年から本格的に進めている防潮堤の植栽ボランティアに本校の中高生9名が参加しました!植栽活動への参加は、2年前に続き、今回で2回目です。

 決められたエリアで専門家の方に植え方を教わり、市役所の方にもお手伝い頂き、一本一本丁寧に植樹しました。初めて持つ大きなスコップや鍬、つるはしの扱いも時間と共に慣れ、固い地盤に悪戦苦闘しながらも、何とか130本のクロマツの苗木を無事に植えることができました。

image002.jpgimage001.jpg

 

image003.jpgimage004.jpg

「津波は怖い」「いつか来るかも」と本校の生徒もよく理解していますが、「自分自身の身を守る」こと以外に「自分たちの町を守る」活動に参加できたことは、とても貴重な体験です。

 今回は、本校の所在地である西区雄踏町からほど近い西区篠原町の沿岸部での活動だったこともあり、生徒一人一人の防災意識がさらに高まったのではないかと思います。

image005.jpg

今回植樹した苗木が20年後30年後・・・将来、きっと多くの人の命を救ってくれることを信じて、生徒たちはこの貴重な体験を忘れないでほしいと思います。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/11/29
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

「就職のための日本語クラス」受講生徒が面接試験を受けました

11月21日、本校生徒が、株式会社ニチイ学館浜松支店にて、就職採用のための面接試験を受けました。

ブラジル課程高等部3年生の生徒1名とペルー課程中等部5年生の生徒1名です。

どちらの生徒も介護の仕事に興味があり、ニチイ学館様のご厚意で、8月には職場体験をさせていただきました。

8月19日、ニチイケアセンター入野にて、職場体験としてデイサービス実習をしました。

image001 顔隠し加工済.jpgのサムネイル画像 image002.jpg 

生徒たちは、はじめ不安そうな様子でしたが、ニチイケアセンター入野のスタッフの皆様に温かく受け入れていただき、すぐに笑顔が戻り、それぞれの良さを活かした実習を行うことができました。

デイサービスの利用者の皆様からは、たくさんの嬉しいお言葉をかけていただき、体験前より「介護の仕事をしたい!」という思いを強くしたようでした。

体験終了後は、2名とも「就職のための日本語クラス」に入り、履歴書の書き方や面接の練習をしました。特に、ブラジル課程の生徒は2年前に日本に来たばかりのため、日本語のレベルが低く、より多くの努力が必要でした。漢字を使って履歴書を書くことが難しい生徒でしたが、漢字を使い、6枚も7枚も書き直しをして履歴書を完成させました。

面接当日は、大変緊張しておりましたが、「日本に来て驚いたことは何ですか?」「日本料理は何を作りますか?」など、生徒の目線に合わせた質問をしていただき、少し緊張が和み、これまでの練習の成果をみせることができました。それぞれ、介護の仕事に対する思いや目標を伝えることができました。

また、ニチイ学館様からは、外国人であることや日本語の習熟度が低いことなどをご理解いただき、今後採用合格になった場合、彼女たちが仕事をしていく上で、どういったことに配慮をしたらよいかなど、様々なご提案をしてくださいました。

結果待ちですが、嬉しい報告ができることを祈っております。

※キャリア教育事業は、『ドコモ市民活動団体助成事業』からの助成金により実施しています。 

バナー.jpgのサムネイル画像 MCF公式WEBサイト(http://www.mcfund.or.jp/)

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/11/28
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

「大学合格!! おめでとう!!」

11月23日

本校ブラジル課程高等部3年の生徒が 「常葉大学 教育学部 初等教育課程学科」に 一般推薦(募集人数10名)で見事、合格しました!

本校から 国内の大学へ進学した生徒の ほとんどは、合格の可能性が高い「国際関係」の学部学科です。このような状況で「教育学部」を受験した生徒は『初』、合格も もちろん『初』で、快挙です!

DSC_0525_小.JPG

DSC_0524.JPG

AO入試、指定校推薦のない教育学部への受験は、外国人学校の生徒にとっては大変ハードルが高く、一般推薦となると、日本人学生の受験者でも、毎年、半数から1/3は不合格になる難関です。

本人の「頑張り」は、だれもが認めるところですが、結果が出るまでは大変心配しました。待ちに待った合格の報告を受け、生徒教職員一同、大変喜んでいます。将来的に、「ブラジルの学習、日本の学習どちらからもアプローチできる先生が誕生する」と期待しています。

この生徒は、大変な努力家で、ブラジルの教育課程で勉強しながら、ムンド校と提携している通信課程日本ウェルネス高校でも3年間学びました。両立に苦労しつつも、2言語両方で、全教科優秀な成績を修めました。さらに、日本語進学クラスにも在籍し、日本語の作文力、読解力を磨きました。努力の甲斐があり、外国人学校在籍にもかかわらず、日本の高校生同等の日本語力を持ち合わせていることは大変すばらしいことです。

将来、ブラジル籍のお子さんだけでなく、日本に来て不安の中、学校生活を送っている児童のみなさんのために、「外国籍の児童に寄り添えるバイリンガル先生」となってくれることを楽しみにしています。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/11/21
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

浜松東ロータリークラブ様主催 「FM Haro!U8フットサル大会」参加

1.JPG

11月17日(日)浜松東ロータリークラブ様主催「FM Haro!U8フットサル大会『浜松東ロータリークラブCUP』」にムンド校の生徒が参加しました。

当校は自前の運動場や体育館がない等の理由により、運動できる時間が限られています。また登校範囲が広いため、低学年生徒のほとんどが徒歩ではなく、スクールバスや保護者の送迎で通学しています。その為、普段より、外で遊んだり歩いたりするなどの日常的な身体運動が不足している生徒も少なくありません。

そんな中、普段よりご支援頂いております浜松東ロータリークラブ様主催のフットサル大会にご招待いただき、子どもたちはこの日をとても楽しみにしていました。そして限られた時間ではありましたが、目標を持って練習を重ねてきました。

  DSC03669.JPG  DSC03679.JPG   

練習の成果が出て、「ムンド、初ゴーーーール!!!!」

DSC03689.JPG  IMG_20191126_093517.jpg

1試合終わるごとに「あと何試合できる?」、途中交代では「まだ交代したくない!」など、どの生徒も近い年齢の子どもたちと触れ合う機会に、とても嬉しそうでした。

   3.JPG  4.JPG   

浜松東ロータリークラブの皆様、ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/11/12
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

 《 ムンド校内漢字検定「漢字道場」 表彰式 》

11月8日

本校では、2010年より、「ストレスのない漢字学習」に力を入れ、全校で取り組んできました。

image001.png

非漢字圏の生徒にとっては、漢字を勉強することは、日本人の想像をはるかに超える高いハードルがあります。

限られた時間で日本語の学習を積み上げ、レベルアップするには、効果的な漢字の学習は避けて通れません。そのため、本校では20段階の検定試験を設定し、漢字の意味を母語で楽しく学ぶ「10級」から、日本の高校在学中程度の漢字検定最高位「名人」レベルまで、何度でも昇級にチャレンジできるようになっています。

image002.jpg

小学校高学年から高校生の希望者が月に一回チャレンジし、合格者は全校生徒の前で表彰式を行います。

image003.jpg本年度、来日したばかりの高校生)

初めて合格しました!!

「10級おめでとう!

image004.jpg漢字は面白い!!

読み書きの7級に合格!!

image005.jpg

2級に合格!

『段位』がもうすぐ!

image006.jpg母語で300字の意味を

覚えました!

読み書きも頑張ります。

image007.jpg

漢字を嫌いにならないように、これからも 楽しくしっかり学び、頑張ってほしいです。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/11/05
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

☆★ハロウィンパーティー★☆

10月25日(金)image001.png

最近の中高生にとって、秋のイベントといえば・・・

『ハロウィン』です。

本校でも、高校3年生が修学旅行で留守中に、自分たちも楽しみたい・・・と

高校生1,2年生が パーティを企画し、思い思いの仮装で盛り上がりました。

image003.jpgimage005.jpg

image007.jpgimage009.jpg

本校の生徒は、社交的な生徒が多く、日頃から明るく過ごしていますが、当日は、格別で

朝から、満面の笑みで挨拶する子が多く見受けられました。

仮装の準備が整って集合した後は、ゲームをしたり、ハロウィン風に飾ったブラジルの料理をたべたり、

非日常の楽しい時間を過ごしました!

image012.jpgimage013.jpg

image015.jpg

image017.jpgimage019.jpg

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/10/31
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

 浜松湖南高等学校様の体育大会に参加!! 

IMG_20191024_140202.jpgのサムネイル画像

10月24日(木)、静岡県立浜松湖南高等学校様の体育大会にご招待いただき、ブラジル課程高等部1・2年生の生徒43名が参加しました。

浜松湖南高校様とは、両校の文化祭の参加・柔道部の練習参加などこれまでも交流を重ね、今年度は英語科の学生さんとの交流もしています。

DSC03431.JPG  DSC03437.JPG 

部活対抗リレー:校内選抜レースの結果選ばれた9名が力強く走りました。

DSC03446.JPG  DSC03448.JPG        

綱引き:第1レースは湖南高校教職員の皆様と、第2レースはイギリスからの留学生と

 DSC03451.JPG  DSC03452.JPG

長縄跳び:息を合わせて「いち、にの、さん!!」30人が一斉にジャンプ!

スポーツを通した交流は大変刺激的だったようで、

「楽しかった!まだまだ走り足りない!来年も参加したい!」などの感想が多数あがりました。

静岡県立浜松湖南高等学校の皆様、ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/10/31
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

「就職のための日本語クラス」受講生徒、内定決定!

DSC03254.JPG

「就職のための日本語クラス」の受講生の一人、アカミネユカリが、このたび、見事内定をいただくことができました。

記念すべき1人目の内定決定者です。

IMG_20190920_112527.jpg

内定をいただいた生徒は、2019年9月20日、浜名湖カントリークラブ様での職場体験に参加させていただき、就職の意志を固めました。

その後、採用試験当日まで、内定をいただくために一生懸命頑張りました。

難しい漢字に苦戦しながら、初めて履歴書を書きました。なかなか上手に書くことができず、何枚も書き直しをしました。

履歴書が完成してからは、毎日、面接練習をしました。

入室時のマナーから挨拶の仕方、退室の仕方などを繰り返し練習しました。

面接試験当日は、緊張した様子で試験会場へと向かいました。

後日、浜名湖カントリークラブ様より内定通知書を受け取り、希望通りの進路が確定し、大変嬉しそうな様子でした。

内定をいただいた生徒も、引き続き、「就職のための日本語クラス」を受講し、日本語能力や社会人になるためのルールやマナーを学んでいきます。

そして、来年からは浜名湖カントリークラブ様で正社員として、キャディの仕事をしていきます。

今後、内定をいただける生徒が2人目、3人目と続くよう、他の受講生たちへの支援に尽力して参ります。

※キャリア教育事業は、『ドコモ市民活動団体助成事業』からの助成金により実施しています。 

バナー.jpgのサムネイル画像 MCF公式WEBサイト(http://www.mcfund.or.jp/)

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/10/30
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

「就職のための日本語クラス」開講!

履歴書.jpg

本年度、キャリア教育事業の一環として、「就職のための日本語クラス」を新たに開講いたしました。

本校では、卒業後、日本に定住し、就労を希望する生徒が少なくありません。しかし、日本での就職には、日本語の壁や文化の違いなど様々なハードルがあり、正規雇用ではなく、派遣やアルバイトなどの非正規雇用で働いている卒業生が多いのも現状です。

そのため、卒業後の就職希望者への支援に力を入れていきます。

この「就職のための日本語クラス」では、就職の際に必要な日本語力をつけるだけでなく、日本での就職活動の仕方や雇用形態の違い、求人票の見方など、就職に必要な知識を学んでいきます。

また、履歴書の書き方や自己PRの仕方、面接の練習など、採用試験を受けるための準備も進めていきます。

生徒たちの希望を叶えるため、尽力して参ります。

※キャリア教育事業は、『ドコモ市民活動団体助成事業』からの助成金により実施しています。 

バナー.jpgのサムネイル画像 MCF公式WEBサイト(http://www.mcfund.or.jp/)

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/10/29
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

《 芋ほり体験‼ 》

10月9日(水)

  日頃より 本校をご支援下さっている松川電氣株式会社様のサツマイモ畑で 「芋ほり体験」をさせていただきました。

 

昨年は、ブラジル課程4年生が体験させて頂き、今年度2回目となりました。

今年、参加したのはブラジル課程小学3年生クラスの8歳~9歳の子どもたちで、初めての「芋ほり」に前日からわくわくして待ち遠しい様子でした。

image001.jpg

当日は、天気にも恵まれ、松川電氣㈱様の社員の方に サツマイモの掘り方を丁寧に教わりながら、土と触れ合いました。

image003.jpg

ひとつ掘るたびに・・・、

大きさ、色、形を比べては、観察中。

友だちと話が盛り上がりました!

image005.jpg

「私が掘ったお芋がいちばん大きい~!」

image007.jpg

きれいに土を落として並べました!

「全部でいくつ・・・?」

畑の中で 子どもたちは終始笑顔で過ごすことができ、お陰様で、

それぞれの成長の過程で深く心に刻まれる素晴らしい体験になったことと思います。

image010.jpg

松川電氣電気㈱の皆さまが大事に育てられ大きくなったサツマイモをたくさん収穫させて頂きました。

収穫後のサツマイモは、一か月ほど寝かせておく必要があるそうですので、

現在、教室で じっくり熟成中です!

子どもたちは 大好きなサツマイモを食べるのを楽しみに・・・、日々 様子を見守っています。

松川電氣株式会社の皆さま

貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/10/22
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

浜松西ロータリークラブ様学資支援金授与式

DSC03402.JPG

10月18日(金)、浜松西ロータリークラブ様学資支援金授与式が当校で開催されました。

また、授与式前には昨年度に引き続き協働掃除も行われました。

DSC03372.JPG  DSC03373.JPG

DSC03383.JPG  DSC03378.JPG

ベランダ・廊下・階段等、中学1・3年生と浜松西ロータリークラブ様による協働掃除

DSC03392.JPG

浜松西ロータリークラブ様には一昨年度より学資支援金をいただいております。支援金のおかげで経済的に問題を抱えている家庭の子どもたちが、安心して学校に通うことができています。

また支援金に加え、授業で欠かせないホワイトボードとイレイザーをご寄付いただきました。

DSC03390.JPG

前年度奨学生代表(中等部3年)のお礼の言葉

「ご支援のおかげで日本語のレベルアップのための特別クラスに参加したり、日本語能力試験に挑戦したりすることができました。高校課程を卒業したら、日本で進学したいと思っています。そのために、最後3年間、皆様への感謝を胸に、今まで以上に勉強をがんばります。」

DSC03399.JPG  DSC03406.JPG

お礼の演技:ブラジルの踊り「バライーニャ」。花のフープを持った男女ペアのダンス

お帰りの際には花のトンネルを作ってお見送り

浜松西ロータリークラブ様、皆様のご支援心より感謝申し上げます。

教職員一同、子どもたちにより良い学習環境を提供できるよう励みます。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/10/22
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

浜松西ロータリークラブ様・浜名湖ロータリークラブ様・浜松ハーモニーロータリークラブ様合同主催

サッカー大会

IMG-20191006-WA0022 - コピー.jpg

10月6日(日)、浜松西ロータリークラブ様、浜名湖ロータリークラブ様、浜松ハーモニーロータリークラブ様のご厚意で当校の生徒のためサッカー大会が開催され、小学6年生から高校3年生の生徒50名が参加しました。

当校は通学範囲が広いため、日本の学校のような部活動ができません。そのため、対外試合の経験がほとんど無く、勝利の経験もありません。団結して勝利の経験をすることを目的に、今回企画してくださいました。そしてなんと、大変ありがたいことに、地元のなでしこチーム静岡産業大学磐田ボニータ様も参加してくださいました。

IMG_20191006_132803.jpg  IMG-20191022-WA0024.jpg

サッカー大会前になでしこリーグの試合観戦

静岡産業大学磐田ボニータ 対 スフィーダ世田谷FC

ハーフタイムでは景品の抽選もあり、当たった生徒はとても嬉しそうでした。

 IMG-20191022-WA0011.jpg  IMG-20191022-WA0015.jpg

「チームジーコ」「チームタファレル」「チームガヒンシャ」「チームペレ」とチーム名は、生徒たちがブラジルの歴代の有名なサッカー選手から名付けました。「チームジーコ」はムンド生と磐田ボニータ様混合チーム、それ以外の3チームはロータリークラブ様も加わりました。

IMG-20191022-WA0009.jpg

言葉も年齢も技術もばらばらなメンバーでしたが、声を掛けあい協力してゴールを目指し、とても充実したひと時となりました。

また、普段大人しい生徒が積極的なプレイを見せたり、チームで集まり、高校生が小学生・中学生と作戦を話し合ったりと、スポーツを通して絆を深めていました。

IMG-20191022-WA0027.jpg  IMG-20191022-WA0021.jpg

IMG-20191022-WA0022.jpg  IMG-20191022-WA0026.jpg

試合後の閉会式では、記念品、優勝チームへの賞品、参加賞、サッカー用具・救急セットのご寄付をいただきました。練習で大切に使わせていただきます。

IMG-20191022-WA0025.jpg

生徒代表お礼のことば「普段、学校以外の方と ゲームをする 経験がないので、この大会のことを 聞いたときから、今日が 来るのを とても 楽しみに していました。ありがとうございます。」

浜松西ロータリークラブ・浜名湖ロータリークラブ・浜松ハーモニーロータリークラブの皆様、お忙しい中生徒たちのために企画・運営してくださり、誠にありがとうございました。

静岡産業大学磐田ボニータ様、高い技術を体感させていただく貴重な機会をありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/09/30
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

「スズキ秋祭り」に和太鼓クラブ参加

DSC03150 - コピー.JPGのサムネイル画像

9月21日(土)、スズキ株式会社様で開催された「スズキ秋祭り」にムンド校和太鼓クラブの生徒が参加させて頂きました。今年は雨も降らず涼しい中の開催となり、より大勢の方に演奏を見ていただくことができました。

DSC03127.JPG

出番までの待ち時間、緊張と不安が入り交じる雰囲気の中登場した「直虎ちゃん」。生徒にいつもの笑顔が戻り、緊張をほぐしていただきました。

DSC03140 .JPG

当日は松川電氣株式会社様のご寄付によりリニューアルした和太鼓クラブの衣装を初お披露目。新しい衣装に袖を通した生徒たちは自然と凛々しく見えました。

演奏後は、観客の皆様から温かい拍手をいただき、生徒も安堵の表情でした。

スズキ株式会社様、ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/09/27
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

浜名湖カントリークラブ様へ職場体験

IMG_20190920_104342.jpg

本校の生徒は、卒業後、日本に定住する者も少なくないため、外国人学校である本校においても、日本社会で働くためのキャリア教育は非常に重要です。

しかしながら、日本語の壁があることから、企業訪問や求人への応募など就職活動する上で、高いハードルが立ちはだかります。

また、ハローワーク経由の求人票は「高校」対象のため、「各種学校」である当校は該当せず、日々、試行錯誤しながら就職支援をしております。

そんな中、日頃よりご支援をいただいている浜名湖カントリークラブ様(静岡県湖西市)のご厚意で高校生7名が職場体験の機会をいただきました。

当日は、浜名湖カントリークラブ様で働いているブラジル人のキャディの方が、指導者兼通訳として入ってくださったため、生徒たちもより理解が深まり、積極的に質問することができました。

 IMG_20190920_110412.jpg IMG_20190920_112527.jpg

実際に訪問し体験することにより、子どもたちの視野を広げることができ、実際に職場体験後、浜名湖カントリークラブ様への就職を希望する生徒が出ました。

今後、この生徒は「就職のための日本語クラス」に入り、面接の仕方や、履歴書の書き方等を学びます。

浜名湖カントリークラブ様、ありがとうございました。

※キャリア教育事業は、『ドコモ市民活動団体助成事業』からの助成金により実施しています。 

バナー.jpgのサムネイル画像 MCF公式WEBサイト(http://www.mcfund.or.jp/)

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/09/11
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

日本語クラスチラシHPアップ用.png

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/08/23
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

パワー浜松ロータリークラブ様主催

「浜松科学館プラネタリウム鑑賞例会」参加

20190820_161946.jpg

8月20日(火)、パワー浜松ロータリークラブ様より、「浜松科学館プラネタリウム鑑賞例会」に、小学4年生から中学1年生の32名をご招待いただきました。

20190820_164353.jpg

プラネタリウム開始まで、浜松科学館の常設展示も見学させていただきました。

20190820_161037.jpg 20190820_161052.jpg

7月にリニューアルオープンしたばかりの科学館では実際に触ったり動かしたりできる体験型の展示が多く、生徒たちは大興奮でした。

20190820_164732.jpg 20190820_163111.jpg

学校ではできない体験ができ、とても楽しそうでした。

20190820_163020.jpg 20190820_163034.jpg

プラネタリウムでは、私たちが暮らしている浜松から見える星空を見ました。

サプライズで、代表生徒の生まれた日の星空を投影していただき、歓声が上がりました。

場所や季節によって見える星座が違うこと、同じ場所、同じ季節でも毎日少しずつ見える星空が変化していることなどを教えていただきました。

プラネタリウム終了後は、記念品もいただき、皆「楽しかった!」「また来たい!」と喜んでいました。

20190820_161601.jpg 20190820_161102.jpg

パワー浜松ロータリークラブの皆様、このような素晴らしい体験の機会を与えてくださり、誠にありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/08/19
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

ペルー独立記念

DSC02876.JPG

7月26日(金)、2日後に控えたペルー独立198周年のお祝いのため、東京より日本マリネラ協会の皆様がお越しくださいました。

マリネラは、タンゴ、サンバに並ぶ「南米三大ダンス」の一つで、白いハンカチと色鮮やかなスカートを大きく揺らす、とても華やかな男女のペアダンスです。

当日は生徒のため、ミュージカル映画「マリネラ 栄光への道:Sueños de Gloria 1」を持って来てくださり、上映しました。

この映画は、マリネラの夢を追いかける前向きな若者を描いています。ペルーの音楽と共に物語は進み、生徒たちは映画を通じ、母国に思いを馳せていました。

DSC02839.JPG マリネラ.jpg

映画鑑賞後は、マリネラの体験です。

慣れないステップに苦戦しながらも、子どもたちは笑顔に溢れていました。

DSC02851.JPG DSC02868.JPG

母国の伝統・文化に触れ、母国に誇りを持つ貴重な時間となりました。

日本マリネラ協会の皆様、誠にありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/08/09
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

♪ 「夏祭り!」 ♪

8月9日

夏休み前の恒例行事『校内夏祭り』を開催しました。

<オリジナルの扇子・うちわ作りコーナー>

いろいろな色の画用紙を蛇腹に折って、スイカやキウイフルーツ、レモンなど のかわいい扇子を作りました。少々手間はかかりましたが、高校生に教えてもらいながらなんとか完成!予想以上の出来上がりに二つ目にチャレンジする生徒もいました。

image001.jpg image002.jpg

image003.jpg image004.jpg

image005.jpg image006.jpg

<ゲームコーナー>

魚釣り、ボールすくい、水鉄砲、ボール投げなどのゲームコーナーでは、顔なじみの中学・高校生のお兄さん・お姉さんたちがコーナーを取り仕切って、幼稚園から小学校の低学年の子供たちを楽しませてくれました。

ムンド校ならではの微笑ましい光景です。

image007.jpg image008.jpg

image009.jpg image010.jpg

image011.jpg image012.jpg

image013.jpg image014.jpg

image015.jpg

最後は・・・

BINGO大会で締めくくり!

BINGOの景品は『自分で作るかき氷券』!

暑い一日が吹き飛ぶ景品に大いに盛り上がりました。

楽しんだ後は、夏休み前の全校一斉大掃除を行い、気持ちよく休暇に入りました。

熱中症に気を付けて、楽しい夏休みを過ごしてほしいと思います!

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/07/24
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

2019年 7月7日 七夕

DSC02659.JPG

今年も、七夕飾りをしました。

日本の文化を知り、体験する、生徒たちにとって大切なイベントの一つです。

日本語の授業で七夕の話を聞き、色とりどりの短冊に思い思いの願い事を書いて、笹に飾りました。

DSC02648.JPG DSC02650.JPG

一生懸命覚えた日本語で書かれた可愛らしい短冊。

「日本語能力試験に合格しますように」や「料理人になれますように」など、自分の進路・将来に関する真剣な思いの込められた短冊。

一つだけではなく、いくつもの願い事が書かれた短冊......。

DSC02660.JPG DSC02664.JPG

たくさんの願い事で、笹が華やかに彩られました。

20190705_160533.jpg 20190705_160459.jpg

様々な願い事がありますが、一つでも多く叶いますように。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/07/19
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

《 浜松ハーモニーロータリークラブ様 定例会に出席 》

7月10日

2019年度の浜松ハーモニーロータリークラブ様の奨学生5名が 定例会へ出席させて頂き、

会員の皆様に 日頃の感謝の気持ちと共に 日本語でご挨拶をする貴重な機会を頂きました。

1-DSC02703.JPG

今年度の奨学生は

<ブラジル課程>

小学3年生 イナガキ グラウシア

小学6年生 ナガノ リサ

中学1年 オガサワラ フェリペ

中学2年 マツオ マユミ

中学3年 ウエハラ ルーカス 、以上の5名です。

2-DSC02698.JPG

3-DSC02702.JPG

実際に皆様の前で、自分の好きなことを話したり、将来の夢を語ったりしながら、

ご支援への感謝の気持ちを直接お伝えしました。

中1のオガサワラ フェリペは 日本語の勉強と夜勤で働く母親の手伝いの二つを頑張っている話、

中3のウエハラ ルーカスは「宇宙物理学者になりたい。」と天文学の試験を受けて頑張っている話をしました。

5人とも まだまだ勉強中のつたない日本語でしたが、ハーモニーロータリークラブの皆様から 温かい拍手を頂くと、大変緊張していた生徒たちも、やっといつもの笑顔になりました。

それぞれ家庭の難しい事情は抱えていますが、夢や目標を皆様の前で語ることをきっかけに、「無理じゃない!」「やってみる!」「頑張る!」という積極的で前向きな気持ちをもって過ごしてほしいと思います。

浜松ハーモニーロータリークラブの皆様

いつもご支援頂き、心より御礼申し上げます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/07/18
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

都市対抗野球大会応援!! ヤマハ野球部様、勝利!

7月14日

社会人野球の頂点を決める「第90回都市対抗野球大会」第1回戦が

東京ドームで開催されました。

東海地区代表で3年ぶりに出場する浜松市のヤマハ株式会社野球部様よりご招待頂き、

本校からも生徒保護者職員あわせて約90名で応援に行ってきました。

ブラジル出身のバッター 佐藤選手の登場でムンド応援団からも大声援でした。

DSC_0369.JPG

無題.png

試合は、投手戦で緊迫したゲームが続きましたが、

延長10回に劇的な追加点が入り、ヤマハ野球部様の勝利!! 

1万2千人の浜松市の大応援団が大いに盛り上がりました!

無題1.png

ヤマハ野球部様、ご招待ありがとうございました。

第1回戦突破、おめでとうございます!!

第2回戦のご活躍もお祈りしております!

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/07/15
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

交通安全教室実施

DSC02576.JPG

7月1日(月)、交通安全指導員の方々による交通安全教室を実施し、

午前は小学4年生から小学6年生、午後は中学1年生から中学3年生が参加しました。

DVDや講話を通じ、シートベルトの重要性や自転車の正しい乗り方などご指導いただきました。

DSC02588.JPGのサムネイル画像 DSC02586.JPG

自転車シミュレーターを使用して、「ながら運転」の危険を認識

当校は通学範囲が広いため、様々な交通手段を使って生徒たちが登校しています。

子どもたちの安全を確保するため、教職員一同、交通安全指導に努めて参ります。

交通安全協会 交通安全指導員の皆様、ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/07/15
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

フェスタ ジュニーナ

DSC02556.JPG

6月29日(土)、ブラジルのお祭り「フェスタ ジュニーナ」が行われました。

「フェスタ ジュニーナ(6月の祭り)」はブラジルではカーニバル以上に地元に溶け込んだお祭りで、ムンド校では、生徒たちが母国を感じる大切な行事のひとつです。

もともと収穫を祝うお祭りということもあり、当日は、大人も子どもも麦わら帽子や継ぎはぎの服などの田舎風の衣装をまとい、アコーデオンの音楽が流れる会場で、料理やダンスなど、楽しいひと時を過ごしました。

  

DSC02256.JPG  DSC02492.JPG

DSC02557.JPG  DSC02305.JPG

  

梅雨も吹き飛ばす笑顔あふれる一日となりました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/06/17
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

田植え体験

DSC01981.JPG

2019年6月11日(火)、ブラジル小学4年生20名が田植え体験をしました。

ラビリンス雄踏様、田んぼの持ち主の加茂様のご厚意で参加させていただいている行事です。

雨天中止のため、天気を心配していましたが、当日は晴れ空が広がり、さわやかな風の吹くとても良い日となりました。

IMG_20190611_100624.jpg

一列に並び、裸足で田んぼに入りました。

慣れない泥の感触に悲鳴が上がり、歩くのも一苦労です。

IMG_20190611_100248.jpg IMG_20190611_100842.jpg

苗が倒れたり抜けたりしないように、まっすぐ植えるのはとても難しかったです。

ラビリンス雄踏の方々が、苗の持ち方や植え方などを教えてくださいました。

田植えをした後は、周辺の生き物を観察しました。

DSC01980.JPG DSC01979.JPG

カエルやおたまじゃくし、メダカ、アメンボ、ゲンゴロウ、ナマズの赤ちゃん、小エビや小魚など、たくさんの生き物を見ることができました。

IMG_20190611_110315.jpg IMG_20190611_111208.jpg

初めて見る生き物もいて、生徒たちは大はしゃぎでした。

最後に、おにぎりとトウモロコシをいただき、そのおいしさに大喜びでした。

DSC01983.JPG DSC01987.JPG

DSC01986.JPG DSC01985.JPG

晴天の下、自然の中で皆と一緒に食べると格別です。

梅雨の晴れ間の、とても楽しい思い出となりました。

ラビリンス雄踏の皆様、ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/06/11
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

湖南高校文化祭でブラジルの踊り披露

IMG-20190608-WA0011.jpg

6月8日(土)、静岡県立浜松湖南高校の文化祭が開催され、

ブラジル課程高等部1年生25名が参加いたしました。

湖南高校の生徒の皆さんとの交流は、ムンド校が雄踏町に移った2010年より毎年続いており、今年で10年目です。2016・2017年は浜松の「やってやろう」という気持ちを表現した踊り歌

「やら舞歌(やらまいか)」を、そして昨年はブラジルの武術と踊りを合わせた「カポエイラ」と

「マクレレ」を一緒に踊りました。

国土面積が日本の22倍以上もあるブラジル。

今年度はブラジルを5つの地域に分け、それぞれの地域を踊りで紹介しました。

前日に梅雨入りが発表され本番当日も天気が心配されていましたが、子どもたちの願いが通じ、

青空の下、踊りを披露することができました。

IMG_20190608_113450.jpg   IMG_20190608_113426.jpg

イグアスの滝のあるブラジル南部の踊り『ポルカ・ドス・アルプス』

この地域はドイツやイタリアからの移住が盛んだったこともあり、

曲調や踊りもヨーロッパ風です。



無題2.jpg  無題2.jpgのサムネイル画像

南東部のミナスジェライス州の踊り『ミネイロ・パウ』

戦いの様子を表現し、手に持つ棒は武器を表しています。


IMG_20190608_113952.jpg  IMG_20190608_114040.jpgのサムネイル画像

中西部の踊り『カチラ』

中西部には、共に世界遺産として認定されている近未来的な建築群や18世紀にタイムスリップしたような建築群があります。また、地球最古の平原や世界最大の湿地といった自然遺産もあり、

ユニークな生態系を観察することができます。

IMG_20190608_114136.jpgのサムネイル画像 IMG-20190608-WA0009.jpgのサムネイル画像

アマゾンの緑に覆われた北部の踊り『アイ、メニナ』

女性に『踊ろうよ』と呼びかけているダンスで、女性はスカートを大きく揺らし、

男性はその周りでダンスを盛り上げます。

IMG_20190608_114647.jpg  IMG_20190608_114652_1.jpg

北東部の踊り『フレーヴォ』

この地域にはアフリカ系の黒人が多く、食べ物や音楽にもその影響が表れていて、

フレーヴォはユネスコの無形文化遺産にも登録されています。

カラフルな小さい傘を回しながら踊るのが特徴です。

 

浜松湖南高校の先生方、生徒の皆様、本当にありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/05/21
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

裏千家 千玄室大宗匠 『ペルー外交功労勲章』 ご受章

心よりお祝い申し上げます

日本人のペルー移住120周年記念事業において、

在京都ペルー名誉領事として長年にわたり両国関係に多大な貢献をされたご功績がたたえられ、ペルー共和国政府より、千玄室大宗匠に「ホセ・グレゴリオ・パス・ソルダン・ペルー外交功労勲章 コマンダー位」が授与されました。

20190515084422.jpgのサムネイル画像「ホセ・グレゴリオ・パス・ソルダン・ ペルー外交功労勲章」は、ペルー共和国の外交の礎を築いた人物に敬意を表し名付けられている勲章とのことです。

20190515084411.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像受勲決定のお知らせは、すぐに、2010年から千玄室大宗匠にご支援頂いている本校にも届きました。ペルー日系人子女教育の歴史の一端を担うムンド・デ・アレグリア学校としても大変喜ばしいお知らせです。

心よりお祝い申し上げます。

5月9日、受勲に際し、駐日ペルー共和国ハロルド・フォルサイト大使閣下が京都・裏千家今日庵を訪問されました。

1557877429832.jpgのサムネイル画像大変光栄なことに、

唯一の在外ペルー人学校を創立運営している本校松本校長も同席させて頂くことができました。

お祝いの席では、大宗匠より本校校長に「また、ムンド校を訪問します」という嬉しいお言葉も賜りました。

この上ない大変有難いお言葉です。

kocho_euk067.jpgpanel_DSC_0026.JPG

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/05/13
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

「浜松まつり」に和太鼓クラブが参加

DSC_0311.JPG

2019年5月3日、「浜松まつり」が行われている中田島凧揚げ会場で、ムンド校和太鼓クラブが演奏をさせていただきました。

DSC_0307(1).jpg

天候にも恵まれ、たくさんのお客様が集まる中、初めて発表する生徒も多く緊張した様子でしたが、日頃の練習の成果を披露することができました。

DSC_0320.JPG DSC_0312.JPG

少女和太鼓〈魁鼓〉の方と「三宅太鼓」を共演させて頂きました。

DSC_0322(1).jpg

最後は、少女和太鼓〈魁鼓〉の皆様と一緒に、全員で「やらまいか」音頭を踊りました。

DSC_0325.JPG

凧揚げ体験という貴重な体験もさせて頂きました。

新元号「令和」と書かれた大凧の糸を一生懸命引きました。

初めて持つ糸の重さにびっくりです。

DSCPDC_0003_BURST20190503132912034_COVER(1).jpg   DSCPDC_0003_BURST20190503133156002_COVER(1).jpg

地元の方々と触れ合いながら、「浜松」を感じるとてもよい機会となりました。

DSC_0302.JPG

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/04/27
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

「ペルー共和国 給付奨学金 認定式」を行いました

 417日(水)

大変有難いことに、本年度も 引き続き、ペルー共和国大使館様、

在京都、在高山、在那覇各名誉領事・名誉領事館様より奨学金を頂くことが決まりましたので、

ご報告させて頂きます。

授与に先立ちまして、

校内選考で選ばれた生徒の「ペルー共和国 給付奨学金 認定式」 行いました。

<認定を受けた生徒>

在日ペルー大使館(東京)奨学金 4

京都ペルー共和国名誉領事 奨学金

裏千家 15代家元 千玄室大宗匠 奨学金)6

高山ペルー名誉領事 奨学金(岡田泰六様 奨学金) 2名

那覇ペルー共和国名誉領事館 奨学金 2名

以上、14名です。

image001.png

image002.png

image003.png image004.png

image005.jpgのサムネイル画像

経済的に大きな援助となるため、

保護者代表者から 「感謝のことば」

が述べられました。

今年度、京都の千玄室大宗匠奨学金におきましては、

ペルー課程の生徒だけでなく、

ブラジル課程の生徒も奨学金を賜ることになりました。

ムンド校の教育全般へのご理解とご支援を頂けることに

大変感謝しております。

image006.png

image008.png

当日は、偶然

全国10都市の市役所の方々の

ご視察の日と重なり、

認定式の様子を見て頂きました。

頂いた奨学金を無駄にすることがないよう、

母語の学習はもちろん、日本語学習も 努力を続けてほしいです。

スタッフ一同、学習の環境を整え、サポートして参ります。

image009.pngのサムネイル画像

在日ペルー大使館様

在京都ペルー共和国名誉領事 千玄室大宗匠様

在高山ペルー共和国名誉領事 岡田泰六様、

在那覇ペルー共和国領事館様 

心より、感謝申し上げます。

ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/03/12
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

お琴体験

DSC00701.JPG

2月20日(水)小学6年・中学1年・中学2年の生徒がお琴の体験をしました。ご指導は赤木静香先生です。先生は2016年より毎年、お琴を10台以上積んでムンド校の生徒のために遠く千葉から来てくださっています。

DSC00705.JPG

初めて見る自分の背丈以上の幅のお琴に始めはざわざわしていましたが、ひとたび先生の演奏を聞くと一斉に静まりかえり、その美しい音色に皆が耳を傾けました。

DSC00697.JPG DSC00706.JPG

先生の演奏を聞いた後は早速体験です。曲はこれから迎える季節にぴったりな「さくらさくら」です。

始めは指の動かし方も分からずおそるおそるでしたが、先生の丁寧なご指導のおかげで体験が終わる頃には皆夢中になっていました。

桜の開花はまだですが、ムンド校には一足先に春がやってきたような時間でした。

赤木先生、本当にありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/03/12
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

ブラジル大使・総領事ご来校

DSC00682.JPG

2月18日(月)、ブラジル連邦共和国駐日ブラジル大使館のエドゥアルド・パエス・サボイア大使と在浜松ブラジル総領事館のフーバルチ・エルネスト総領事がいらっしゃいました。

DSC00686.JPG

サボイア大使が浜松にいらっしゃったのは昨年12月の就任後初めてのことです。お忙しい中、ムンド校に来てくださり、本当にありがとうございました。

DSC00689.JPG

サボイア大使とエルネスト総領事は教室をまわり、生徒たちへ温かい言葉をかけてくださると共に、教育の大切さを熱心に話してくださいました。

DSC00692.JPG

エドゥアルド・パエス・サボイア大使、フーバルチ・エルネスト総領事、お忙しい中お越しくださり、誠にありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/03/12
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

フリースタイルフットボールプレイヤーによるパフォーマンス

Screenshot_20190311-120857.png web].png

2月8日(金)、合同会社Sow-en様のご厚意により、フリースタイルフットボールプレイヤーのTO-RUさんが、生徒たちにパフォーマンスを披露してくださいました。

「フリースタイルフットボール」とはリフティングやドリブルを基本に、その名のとおりフリーなスタイルでその技術を魅せるパフォーマンスです。

Screenshot_20190311-121027.png Screenshot_20190311-120916.png

まるでボールが生きているかのように、アクロバティックな技が次から次へと繰り出され、まばたきする暇もなく、生徒からは終始歓声があがっていました。

Sow-en様、TO-RU様、ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/01/31
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

2018年度中等部・高等部卒業式

1月30日、雄踏文化センター大ホールにてブラジル中等部・ブラジル高等部・ペルー中等部の卒業式を執り行いました。

当日は晴れの門出にふさわしい晴天で、どの生徒も喜びに満ちた表情でした。

ご多用中ご臨席賜りましたご来賓の皆様方、誠にありがとうございました。

在東京ペルー共和国総領事館領事プエルタス・タリタ様

在浜松ブラジル総領事館領事オリベイラ フアン様

浜松市企画調整部国際課 課長

浜松ハーモニーロータリークラブ様

浜松東ロータリークラブ様

浜松西ロータリークラブ様

保護者と並んで入場。会場前方のスライドには、小さい頃の写真と現在の写真、そして保護者からのメッセージが流れます。

IMG_0249.JPG IMG_0251.JPG

IMG_0253.JPG IMG_0254.JPG

IMG_0257.JPG IMG_0259.JPG

IMG_0260.JPG IMG_0263.JPG

IMG_0265.JPG IMG_0266.JPG

IMG_0269.JPG IMG_0271.JPG

IMG_0273.JPG IMG_0275.JPG

IMG_0277.JPG IMG_0279.JPG

IMG_0281.JPG IMG_0283.JPG

IMG_0284.JPG IMG_0286.JPG

IMG_0288.JPG IMG_0291.JPG

IMG_0293.JPG IMG_0296.JPG

IMG_0297.JPG IMG_0300.JPG

IMG_0303.JPG IMG_0304.JPG

IMG_0306.JPG IMG_0308.JPG

IMG_0311.JPG IMG_0314.JPG

IMG_0316.JPG IMG_0319.JPG

IMG_0324.JPG

IMG_0326.JPG

学校長挨拶。「困ったとき、うまくいったときいつでも学校を訪ねて来てください」

IMG_0338.JPG

来賓祝辞。在東京ペルー共和国総領事館領事プエルタス・タリタ様、在浜松ブラジル総領事館領事オリベイラフアン様より温かいお言葉を頂戴しました。

IMG_0341.JPG

IMG_0342.JPG

 

卒業証書授与。1人1人学校長より名前を呼ばれ、証書が授与されます。

IMG_0352.JPG

IMG_0384.JPG

IMG_0448.JPG

在校生・担任より卒業生へのメッセージとビデオ。

ムンド校で過ごした思い出がよみがえり、思わず笑みがこぼれる場面や、目頭が熱くなる場面もありました。

IMG_0482.JPG

IMG_0460.JPG

卒業生代表の挨拶

「私たち一人ひとりは、今後、勇気をもって羽ばたき、挑戦していきます!」

校長先生へ感謝のことば.jpg

卒業生から学校長へ感謝のことばとカードのプレゼント

「校長先生からいただいた愛情と信頼への感謝の気持ちは言葉では言い表せません」

合唱2.jpg

在校生と卒業生による合唱『見上げてごらん夜の星を』『旅立ちの日に』

ムンド校で過ごした数々の思い出を胸に、想いを込めて歌います。

帽子なげ.jpg

最高学年の生徒による帽子投げ。

卒業することへの喜びから、どの生徒も晴れやかな顔です。

バルサ.jpg

バルサ。ブラジル・ペルーでは卒業式の後、保護者と踊るのが伝統となっています。

集合写真9年生.jpg

集合写真EM3.jpg

集合写真ペルーS5.jpg

卒業生の皆さん、卒業おめでとうございます。

これから待っている新たなステージでの活躍を期待しています。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2019/01/21
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

2018年度 卒業式

DSC00302 (1).jpg

1月19日、幼稚園部と小学部の2018年度卒業式を行いました。

日本では3月に卒業式を行いますが、ブラジル・ペルーでは1月に行われます。

DSC00190.JPG  DSC00196.JPG

DSC00218.JPG  DSC00208.JPG

綺麗なドレスやスーツで着飾り、保護者と一緒に一組ずつ入場します。

DSC00236.JPG

卒業生による誓いの言葉。

DSC00229 (1).jpg

校歌斉唱。

日本語で、元気な声で歌いました。

DSC00244.JPG  DSC00245.JPG

DSC00271.JPG  DSC00261.JPG

卒業証書授与。

校長先生から一人一人卒業証書を戴きます。

DSC00307.JPG

卒業生から保護者と学校へ感謝の言葉が述べられました。

DSC00320.JPG

卒業生から校長先生へ花束とカードのプレゼント。

カードには卒業生の写真とサイン、そして感謝の言葉が書かれていました。

DSC00333 (1).jpg

式の最後は、ジュースで乾杯をしました。

DSC00411.JPG

卒業生と保護者のダンス「バルサ」。

日本の卒業式では見られない光景ですが、ブラジル・ペルーでは大切な伝統の一つです。

1月30日には中等部・高等部の卒業式が行われます。

そして2月からは新年度のスタートです。

新年度も、多くの生徒が自分の夢に向かってはばたいていけるような環境づくりに努めて参ります。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/12/26
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

12月25日 クリスマス会

12月25日(火)、クリスマス会を行いました。

保護者の皆さまが用意してくださったたくさんのごちそうを持ち寄り、クリスマスをお祝いしました。

DSC02006.JPG DSC01995.JPG

DSC01988.JPG DSC01992.JPG

(有)アムトラックス(島田市)様より、約280名の全校生徒にお菓子の詰め合わせのクリスマスプレゼントを頂きました。

2011年アムトラックス様20周年記念イベントの一つとして、トラックにブラジルとペルーのムンド校の生徒たちがペイントしたことがきっかけで、毎年そのトラックでクリスマスプレゼントを学校に届けて頂いております。

アムトラックス様がスポンサー支援されているエスパルスドリームレーシングチームの生形秀之選手もバイクに乗って登場し、プレゼントを生徒たちに手渡してくださいました。

IMG_20181225_115337.jpg

トラックの姿が見えると子どもたちから歓声があがりました。

DSC01880.JPG

サンタクロースがバイクに乗って登場。

IMG_20181225_115633.jpg DSC01888.JPG

轟音と共に生形選手がバイクで登場、迫力あるデモンストレーションに生徒たちは大興奮。

IMG_9755.jpg DSC01965.JPG

また生形選手からは生徒たちにおもちゃのプレゼントがあり、(株)エススポーツ様よりご寄付も頂きました。

DSC01922.JPG DSC01934.JPG

寒い中一人一人と触れ合い、笑顔でお菓子を手渡してくださる生形選手。

生徒たちは、優しくかっこいい生形選手の大ファンです。

DSC01933.JPG DSC01938.JPG

DSC01939.JPG DSC01944.JPG

DSC01949.JPG DSC01956.JPG

アムトラックス様、生形選手、エススポーツ様、

いつもムンドの生徒たちを気にかけてくださりありがとうございます。



学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/12/24
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

松川電氣株式会社様 現場見学 

2018年12月24日

 いつも本校をご支援いただいている松川電氣株式会社様の電気設備工事見学に行ってきました。

現場は、ムンド校から近い西区大人見町「とぴあ浜松農業協同組合(仮称)」で、

是非見学したいと希望した卒業間近の高校3年生3名と本校卒業生1名の4名が参加しました。

DSC01852.JPG

はじめに、全体的な電気設備工事の流れや仕事の内容をお話し頂きました。

お話の中で、「現在は、スマートフォンから大きなビルやサッカー場まで、どんなものにでも電気の知識が必要で、とても大切な仕事である」と学びました。

電気工事を施工するときは、必ず国家資格が必要で、電気工事士(1種、2種)、電気工事施工管理技士(工事全体の管理)などの資格があり、コンピューターを使って設計するCADについても、紹介して頂きました。

その後、実際に 施工の現場を見学させていただきました。

  (建物の外側、配電装置を見学)

DSC01854.JPG  DSC01856.JPG

DSC01857.JPG

  (施設内の施工現場を見学)

  DSC01858.JPG  DSC01860.JPG

松川電氣様では、入社時に電気工事の資格がなくても、現場で仕事の経験をしながら、同時に 資格取得のための勉強の機会や経済的なサポートを頂けるというお話を伺い、参加した生徒は、大変興味を持って聞いていました。

特に、日本での生活期間が短く、日本語のレベルがまだ低いため、将来に不安を感じている生徒にも大きな刺激になったようです。

社長の小澤様から「本人のやる気と頑張りで道は開ける」というお言葉を頂き、参加した生徒の心に深く刻まれたに違いありません。

DSC01861.JPG

松川電氣株式会社の皆さま、

お忙しい中、見学させていただき、

ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/12/24
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

雄踏小学校様「PTA親子で楽しむ会」

ランタン作り

12月8日(土)、雄踏小学校の「PTA親子で楽しむ会」にご招待いただき、10組の家族が参加しました。雄踏小学校の元気な生徒の皆さんと交流しながら、オリジナルランタンを作りました。

クリアケースにライトを入れ、親子でセロファンやビーズで飾りづけをし、

個性あふれるオリジナルランタンが完成しました。

クリスマスを彩る明かりとしてはもちろん、停電の時にも役立ちそうです。

雄踏小学校様、ありがとうございました。

  

ペルー3.jpg 

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/12/21
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

IMG_9729 (3).jpg

松川電氣株式会社様の「望年会」にご招待頂きました。今年4月より奨学金を頂き専門学校に通っているムンド校の卒業生二人と一緒に参加させて頂きました。

二人にとっては初めての日本の宴会体験でとても喜んでいました。

ご支援を受けている上にそのような会にご招待頂いて本当に恐縮しておりましたが、皆さんの温かい歓迎で受け入れて下さり感謝でいっぱいです。

「望年会」の受付にムンド校への募金箱が置かれているのを見て、かたじけなさに涙がこぼれました。どれだけのご恩を頂いているのか、このご恩をお返しできるのか、とても恥ずかしくもありますが努力あるのみです。

会の終わりに6万円ものご寄附を頂きました。

皆様の善意のご支援を大切に使わせて頂きます。

松川電氣株式会社の皆様、本当にいつもありがとうございます。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/12/18
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

(株) スズキビジネス様チャリティーゴルフご寄付

12.12スズキビジネスチャリティコンペ2.jpg

(株) スズキビジネス様主催のチャリティーゴルフが開催されご寄付を頂きました。このチャリティーゴルフでは長年に渡り毎年毎年ご寄付を頂き、運営費を助けて頂いております。子どもたちのためのより良い教育を目指して努力を続けていきます。チャリティーゴルフ参加の皆さま、いつもご支援頂きありがとうございます。

ブラジル高校三年生17名がブラジルの5つの地域の代表的なダンスを紹介しブラジル文化を披露しました。そして日頃の感謝を皆さまにお伝えさせて頂きました。

IMG_4672.jpg

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/12/14
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

山下法務大臣ご視察

HP.jpg

外国人労働者の受け入れを拡大する改正入管難民法が成立したことを受けて、法務大臣が当校をご視察下さいました。

学校の現状(窮状)と問題をご説明して陳情しました。

大臣からは、「大変なご苦労だと思います。ここの子どもたちは日本の子どもたちです。日本の宝物です。日本語も母国語もできるダブルアドバンテージになっていくことでしょう。政府をあげて考えていきます。」と心強いお言葉を頂きました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/12/14
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

行幸啓

天皇、皇后両陛下においで頂きました。光栄の極みです。

両陛下の温かいお言葉、優しい笑顔、神々しくもまぶしくもありました。

子どもたち一人一人にお声がけ頂き大変尊い時間でした。

DSC_3869.JPG  DSC_3875.JPG

DSC_3894.JPG  DSC_3934.JPG

DSC_3944.JPG  DSC_3957.JPG

DSC_4010.JPG  DSC_4024.JPG

DSC_4031.JPG  DSC_4062.JPG

DSC_4089.JPG  DSC_4098.JPG

DSC_4101.JPG  DSC_4102.JPG

DSC_4130.JPG  DSC_4137.JPG

DSC_3099.JPG  DSC_3103.JPG

天皇陛下のお言葉「どこから来たのですか?」

        「日本語は難しいでしょう。」

        「日本の生活には慣れましたか?」

皇后陛下のお言葉「大変ですね。」

        「子どもたちが幸せに暮らせますように。」

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/12/06
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

浜松ハーモニーロータリークラブ様創立20周年の場で和太鼓演奏

浜松ハーモニーロータリークラブ様創立20周年の記念すべき祝宴の場でムンド校和太鼓クラブが演奏の機会をいただきました。

web1.JPG

浜松ハーモニーロータリークラブ様は2014年より体育道具やパソコン等のご寄附をくださり、また2015年から現在まで奨学金によって困窮家庭を援助してくださっています。

web2.JPG

演奏の後には温かい大きな拍手をいただきました。

浜松ハーモニーロータリークラブ様、創立20周年おめでとうございます。

今後とも、皆様のご支援にお返しできるよう努力して参ります。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/12/05
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

文化祭2018

11月24日、文化祭を開催いたしました。

web1.JPG

天気にも恵まれ、292名の生徒と保護者の皆様、そして地域の方々で会場は大盛況となりました。

web3.JPG  web4.JPG

Web2.JPG  web6.JPG

web10.jpg  web9.jpg

各クラスのステージ発表

保護者や地域の皆様の前で、この日のために練習した歌や踊りを笑顔で披露しました。

今年は特別に浜松湖南高等学校吹奏楽部の皆様が演奏に来てくださいました。

浜松湖南高校の文化祭で昨年は「やらまいか」を、そして今年はカポエイラとマクレレを一緒に踊りました。そして今年、初めてムンド校の文化祭に参加していただけることになりました。

web7.JPG

大漁を願う「ソーランファンク」

漁師が荒波の中網を引いている光景がそこにあるかのような迫力ある演奏でした。

そして高校3年生とのセッション「風になりたい」

合同練習を兼ねた顔合わせをし、本番は息のあった演目となりました。

web8.JPG

ブラジル・ペルーの衣装や食文化の紹介、

保護者の皆さんが腕によりをかけて作った料理が出されました。

web11.jpg web12.jpg

web13.jpg web14.jpg

文化紹介ブース 

授業で覚えたての漢字を「漢字書けるんだよ」と嬉しそうにお母さんの前で披露しました。

web17.jpg web16.jpg

日本語ブースで書道体験

今年は例年にも増して多くの来場があり、地域の方と触れ合うことができました。今年もあと一か月、日に日に寒さが増してきましたが、ムンド校の子どもたちは元気いっぱい学校生活を送っています。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/11/16
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

スパニッシュギターデュオ『DON ALMAS』様来校

DSC01415.JPG

11月9日、スパニッシュギターデュオの『ドン アルマス』のお二人が国内ツアーの最中来校してくださり、ムンド生のために演奏してくださいました。

DSC01385.JPG

『アルマス』はスペイン語で『魂』、その名のとおりギターをかき鳴らす指さばきから奏でる迫力ある音色はまさに「魂」に響くものでした。たくさんの子どもたちの魂がゆさぶられました。

DSC01412.JPG

歌の合間にいただいた子どもたちの目線に立った心あるメッセージから、演奏の素晴らしさはもちろんのこと、その温かなお人柄が伝わり一同すっかり魅了され忘れられない日となりました。

  

桜庭様、谷島様、お忙しい中本当にありがとうございました。

また、機会を作ってくださった株式会社富士コミュニケーションズ加茂社長、ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/11/13
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

浜松東ロータリー杯 FM Haro!U-8フットサル大会参加

11月11日(日)、晴天の下、浜松東ロータリー杯 FM Haro!U-8フットサル大会が開催されました。

昨年に引き続き、浜松東ロータリークラブ様にご招待いただき参加が叶いました。同年代の子どもとスポーツを通して交流することができる素晴らしい機会を与えてくださり、浜松東ロータリークラブ様、ありがとうございました。

子どもたちの生き生きとした表情がいかに楽しかったかを物語っていました。

保護者も応援に駆け付け、子どもたちへの声援の大きさ・多さはどのチームにも負けなかったのです。

最後に、この日の為にフットサルのご指導をしてくださった静岡県立三ヶ日青年の家の皆様、

ご指導がなければ出場も難しかったと思います。昨年に引き続き、フットサル経験ゼロの子どもたちへ根気よく丁寧に教えてくださりありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/11/13
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

ふれあい広場参加

11月4日(日)、雄踏文化センターで開催された「ふれあい広場」で、当校の高等部の生徒がダンスと歌を発表しました。会場は小さなお子さんから大人まで年齢を問わず多くの方で賑わっていました。

ブラジルの5つの地域を踊りと共に紹介

サンバ:リオデジャネイロで開かれるサンバカーニバルは世界的にも有名



カポエイラ:高い蹴りや逆立ちなどアクロバティックな動きが特徴

マクレレ:棒を持って相手を戦うことをイメージした動きが特徴

フレーヴォ:小さい傘を使った踊りで「興奮する」を意味する単語、「ferver」に由来

高等部1年イケダガブリエル、高等部2年カワイエドアルドによる弾き語り

発表後は地域の方々に温かいお言葉をいただき、生徒たちの表情もほころんでいました。

地域のイベントに参加することは、ムンド校のことを地域の方々に知っていただくだけでなく、地域のことを生徒が知るきっかけにもなります。

雄踏地区社会福祉協議会様、お招きいただきありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/10/30
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

★球技大会★

DSC01164.JPG

10月26日先日の幼稚園から小学5年生の運動会に引き続き、小学6年生から高校3年生までが球技大会を行いました。

 DSC01162.JPG  DSC01204.JPG

スポーツの秋にふさわしい秋晴れの下150名が参加し、バレーやサッカー、綱引きなど熱戦が繰り広げられました。

 

 DSC01253.JPG DSC01270.JPG

DSC01225.JPG DSC01236.JPG

球技大会や文化祭のイベントによりクラスの結束を生かし、これからの学校生活につなげていってほしいと思います。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/10/26
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

IMG_20181026_101621.jpg

10月26日、秋晴れの下、ブラジル小学4年生が稲刈り体験をしました。

これは雄踏町の地域活性化プロジェクト「らびりんす雄踏」様と加茂様のご厚意によるものです。

IMG_20181026_100450.jpg

 まずは稲刈りの仕方・鎌の扱い方について説明を受けます。

   IMG_20181026_101451.jpg

 順に稲刈り体験です。6月に自分たちで植えた苗が台風にも負けず立派に育った様子に顔をほころばせます。

IMG_20181026_104232.jpg

 稲刈り後はおいしいおにぎりとさつまいもをいただきました。動いた後のおにぎりは格別です。

 IMG_20181026_105930.jpg

 まだまだ体を動かし足りない元気な子どもたち、水路にザリガニ探しに行きました。

時間が経つのも忘れて洋服もすっかり泥んこに。

IMG_20181026_111928.jpg
 自然や生き物に触れ、食べ物の大切さを学びました。

 らびりんす雄踏様、加茂様、ありがとうございました

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/10/15
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

運動会2018

IMG_2825.jpeg

10月12日(金)、幼稚園から小学5年生までの運動会を開催しました。

IMG_2883.jpeg

保護者も参加し、子どもたちはとても嬉しそうでした。

IMG_2879.jpeg

徒競走、障害物競走、綱引き、リレーなど子どもたちだけでなく保護者たちも一緒にいい汗をかきました。

来週は、小学校6年生から高校生までの球技大会です。

スポーツの秋、元気いっぱいの声がしばらく学校中に響き渡りそうです。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/10/12
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

スズキ株式会社様 秋祭りに参加

IMG_4029 (1).JPG

9月29日(土)、スズキ株式会社様の秋祭りにブラジル課程高校3年生が参加しました。

当日はあいにくの雨でしたが、会場は小さいお子さんから大人まで多くの方で賑わっていました。

ブラジルは広い国で5つの地域に分かれています。各地域の紹介をしながら、生徒たちが踊りを披露しました。

IMG_4027.JPG  IMG_4020.JPG

IMG_4017.JPG  IMG_4015.JPG

①アマゾンの緑に覆われた北部

②美しいビーチと歴史、音楽が自慢の北東部

③サンパウロやリオデジャネイロを擁する文化、経済の中心、南東部

④ユニークな生態系と建築遺産を有する中西部

⑤イグアスの滝でおなじみ、ヨーロッパの影響を感じる南部

生徒たちの発表を通じて、少しでもブラジルを身近に感じていただければ嬉しいです。

スズキ株式会社様、ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/10/11
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

さつまいも堀り体験

IMG-20181011-WA0001.jpg

10月3日、日頃よりご支援をいただいている松川電氣株式会社様のご厚意により小学4年生の生徒がさつまいも堀り体験をしました。

IMG_9289.JPG猛威を振るった台風24号が去り夏が戻って来たような晴天の下、行われました。

IMG-20181011-WA0004.jpg IMG-20181011-WA0006.jpg

IMG-20181011-WA0005.jpg IMG-20181011-WA0003.jpg

土に触れ、気持ちいい汗をかき、机上ではできない食を楽しく学べる農業体験となりました。

 IMG-20181011-WA0008.jpg IMG-20181011-WA0007.jpg

収穫したさつまいもを使って早速調理実習をしました。自分たちで掘ったさつまいもは格別です。

子どもたちは自然体験を通し、物事に対する好奇心を高め、協力して一つのことを行うこうことで協調性を育むなど様々な事を学んでいきます。

松川電氣様、このような機会をいただき、本当にありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/09/10
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

ブラジル独立記念式典2018

DSC00882.JPG

9月7日、第196周年ブラジル連邦共和国独立記念式典を当校で開催しました。

ブラジル銀行様

浜松ハーモニーロータリークラブ様

浜松東ロータリークラブ様

平野ビニール工業株式会社様

株式会社ハマキョウレックス様

浜松市立雄踏小学校様

浜松市立雄踏中学校様

静岡県立浜松湖南高等学校

雄踏地区自治会連合会様

雄踏地区社会福祉協議会様

株式会社ベルソニカ様

ご多用中ご臨席賜り、誠にありがとうございました。

1908年にブラジルへの日本人移民が開始されてから今年で110周年、

日系人の子どもが通う当校としても特別な記念すべき年です。

子どもたちは遠く離れた日本から母国を想いながらこの日をお祝いしました。

DSC00782.JPG  IMG_3749.jpg   

中等部2・3年 劇「独立記念」    小学部1・2・3年 歌「独立賛歌」

DSC00801.JPG  DSC00815.JPG  

小学部4・5・6年 歌「国旗の歌」      幼稚園児 踊り「ブラジルの発見」

DSC00826.JPG  DSC00846.JPG

中等部1年 踊り「サッカー王国」    高等部3年 踊り「マクレレ」

DSC00860.JPG

高等部1・2年 ブラジル5つの地域の特色を紹介

これからも日本にいながら母国と同等の教育を受けられる環境づくりに努めてまいります。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/09/10
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

薬物・非行防止講座2018

DSC00675.JPG

8月31日(金)浜松中央警察署少年サポートセンターの皆様による薬物・非行防止講座が開催され、小学6年生から高校3年生の生徒が参加しました。

講座では、出来心からSNS上で友人を傷つけてしまうなど身近な事例から、薬物勧誘の手口や常套句まで、自分が気を付けることはもちろん、知らないうちに巻き込まれることもないよう学びました。

DSC00672.JPG

子どもからのサインを見逃さないよう、学校と家庭が連携することはもとより社会全体として取組みを進めることが重要です。

中央警察署の皆様、ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/08/22
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

夏祭り2018

1534927571698.jpg

2018年8月10日金曜日、夏祭りを開催しました。
校内には子どもたちの賑やかな声が響き渡りました。

DSC00601.JPGDSC00603.JPG


子どもたちは、水てっぽう的落とし、ミニサッカー、輪投げ、ボーリング、コイン投げなど、夏の楽しい催しを思い思いに楽しんでいました。

教師手作りの美味しいホットドッグを頬張り、冷たいチューベットやジュースに満面の笑みを子どもたちは浮かべていました。

幼稚園から高校生まで、皆一緒に楽しみました。夏祭りという日本の文化を体験すると同時に、夏休み前の賑やかで思い出に残る一日になりました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/08/06
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

ゆうとう納涼祭2018

IMG_0055.JPG

8月4日(土)、地元雄踏町のお祭り「ゆうとう納涼祭」が開催され、小学校4・5年生の生徒が参加しました。

元々は7月28日(土)の予定でしたが台風の影響で1週間延期となり、待ちにまったお祭りでした。

会場は多くの人で賑わい、食べ物屋台やゲームなどもあり、子どもたちは日本のお祭り風景に目を輝かせていました。

IMG_0061.JPG

当校の生徒は、観客としてお祭りを楽しんだだけでなく、地元の皆様の前で踊りを披露するという嬉しい機会もいただきました。演目はブラジルの収穫祭「フェスタジュニーニャ」です。校内のイベントで発表することはあっても、地元の皆様の前で披露するのは初めてでとても緊張していた様子でしたが、皆様の声援もあり、終わる頃には楽しそうな表情を並べていました。

参加した生徒は「また参加したい!」「おもしろかった!」と皆とても楽しんだ様子でした。

ご招待いただき、本当にありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/07/27
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

全体写真.JPG

2017年7月27日、ペルー共和国独立記念式典を開催いたしました。

今年で独立197周年となるペルーをお祝いするため、多くの来賓の方々がご出席くださいました。

在東京ペルー共和国総領事館 領事 レイナ・アンドレス様

在名古屋ペルー共和国総領事館 副領事 デヘスス ジュリッサ様

キョウダイレミッタンス 日本様

浜松ハーモニーロータリークラブ様

浜松東ロータリークラブ様

浜松西ロータリークラブ様

松川電氣株式会社様

浜松市企画調整部国際課様 

浜松国際交流協会様

外国人学習支援センター様

浜松市立雄踏小学校様

静岡県立浜松湖南高等学校

雄踏地区自治会連合会様

皆様、お忙しい中ご臨席賜り、誠にありがとうございました。

DSC00228.JPG DSC00274.JPG

式典では、児童生徒による民族舞踊の披露、キョウダイ様、

G&Cコーポレーション様にご支援いただいた品物について抽選をしました。

DSC00416.JPG IMG_20180727_103539.jpg

「バリチャ・マリネラ」バリチャじゃクスコで人気と伝統のある踊りで、人々に親しまれています。

マリネラは海岸地域で有名な踊りで、求愛のダンスと言われています。

きらびやから衣装とハンカチを使って華麗に踊りました。

DSC00259.JPG

ペルーに捧げられた歌「Todos los peruanos somos Perú」

ペルーは海岸地方・山岳地方・アマゾン地方で構成されています。

それぞれの地域にそれぞれの特色を表す踊りがあります。

DSC00301.JPG

アマゾン地方の踊り

DSC00315.JPG

山岳地方の踊り

DSC00334.JPG

海岸地方の踊り

DSC00354.JPG

最後は全員参加のダンス「Fin de Fiesta」

今日は、生徒ひとりひとりがペル―に誇りを持ち、祖国への愛を再認識する大切な日です。

IMG_20180727_095139.jpg IMG_20180727_095156.jpg

遠く離れた日本にいながらも、これからもペルーの素晴らしい文化や伝統を学び、

ペルーと日本の架け橋になるような人材が一人でも多く育まれることを願います。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/07/16
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

フェスタジュニーニャ2018

DSC08784.JPG

2018年6月29日、雄踏文化センターでフェスタジュニーニャを行いました。

_MG_0031.JPG

「フェスタジュニーニャ」とはブラジルのお祭りで、元々は収穫を祝うものです。

麦藁帽にチェック柄のシャツやつぎはぎのジーンズなど田舎風の衣装で楽しみます。

「クワドリーリャ」というフェスタジュニーニャに欠かせない踊りなど、各クラス

この日のために練習したダンスを披露したり、スイーツや「コシーニャ」というブラジル風コロッケを楽しんだり、ブラジルを感じる一日でした。

_MG_0008.JPG _MG_0010.JPG

_MG_0073.JPG DSC08717.JPG

DSC08702.JPG DSC08671.JPG

DSC08731.JPG DSC08749.JPG

DSC08814.JPG DSC08858.JPG

DSC08883.JPG DSC08890.JPG

DSC08910.JPG DSC08950.JPG

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/07/13
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

交通安全教室2018

IMG-20180713-WA0002.jpg

7月2日、4日、5日、交通安全指導員の方々による交通安全教室が開催されました。

幼稚園から小学校低学年までは横断歩道を渡るときのルール、

小学校高学年~高校生までは自転車ルールを中心に学びました。

幼稚園①.jpg

幼稚園:教室に模擬の信号機を設け、「手をあげて、右見て、左見て」。

楽しく分かりやすく教えてくださいました。

IMG-20180713-WA0000.jpg

小学校低学年:交通ルールを学んだ後、実際に公道に出て歩行訓練。

ルールを守ることの大切さを改めて知ることができました。

IMG_8048 (1).jpg

小学校高学年:講話の後、自転車シミュレーターでルールの確認。

ブレーキの掛け方、横断歩道、一時停止・・・

DSC09308.JPG

中学生~高校生:講話の後、自転車の点検方法などを学習。来日したばかりの生徒は母国との交通ルールの違いを知り、そうでない生徒は改めて自分の自転車の乗り方を見つめ直しました。

高校生の生徒増加に伴い、公共交通機関や自転車を利用する生徒が増えてきました。

交通ルールを守り、一人一人が安全を意識するよう指導して参ります。

交通安全指導員の皆様、ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/07/09
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

風になびく七夕かざりに願いを乗せて

DSC09288.JPG

2014年より志都呂竹林協議会様のご厚意により笹をいただき、七夕飾りをしています。

今年も立派な笹をいただき、飾り付けをしました。

DSC09291.JPG

色とりどりの短冊に、願いや夢をのせました。

DSC09294.JPG

「日本語能力試験に合格しますように」 「いしゃになりたい」

DSC09293.JPG

中には一つの短冊にたくさん願いごとを書く生徒もいました。

DSC09297.JPG

一つでも多くの願いが叶いますように。

志都呂竹林協議会様、ありがとうございました。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/06/12
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

集合.jpg

2018年6月12日(火)、ブラジル4年生の20名が田植え体験をしました。

これはラビリンス雄踏 吉田様、田んぼの持ち主の加茂様のご厚意によるもので、毎年楽しみにしている行事になっています。

田植えの時期は限られており、雨になれば残念ながら中止です。2日前までの天気予報では雨、どうなってしまうか皆心配していましたが、当日は心地よい風の吹く晴天となりました。

空の青.jpg

学校より少し北に進んだだけでそこは自然豊かな田園風景。この時期は青々とした苗が広がり、空の青とのコントラストがとても綺麗でした。

冷たい水.jpg

冷たい泥に足をとられ思わず悲鳴が上がりますが、時間が経つに連れて心地よくなっていました。

1列.jpg

まっすぐに並んで苗を植えるのはなかなか難しいです。

水辺.jpg

水辺の生物を観察。小さい海老や魚がいっぱい泳いでいました。

お土産においしいおにぎりをいただきました。動いた後に食べるおにぎりは格別です。

梅雨直前の楽しい思い出となりました。

ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/06/11
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

 ブラジル柔道選手団来校 

集合写真.jpg

2018年6月11日、ブラジル柔道選手団17名が来校しました。

入場.jpg

選手の皆様の来校は昨年に続き、2度目です。

  代表挨拶.jpg

選手経験を話す.jpg

日本で驚いたこと紹介.jpg

交流では選手の皆様にこれまでの経験を語っていただいたり、生徒が日本で驚いたことやブラジルとの違いを紹介したりしました。

   デモンストレーション2.jpg

デモンストレーション.jpg

選手の皆様による柔道のデモンストレーション。目の前で繰り広げられる技は、どれも大迫力。

  生徒と選手①.jpg

生徒と選手②.jpg

選手とムンド校生徒の柔道交流。選手同士のデモンストレーションの後で、生徒は緊張気味でした。

 和太鼓.jpg

最後は和太鼓クラブによる和太鼓披露。選手の皆様の活躍を祈念して一生懸命演奏しました。

和太鼓体験.jpg

選手の皆様にも和太鼓を体験していただきました。皆様とても気さくな方ばかりで、1時間があっという間でした。

ブラジル柔道選手団の皆様、ありがとうございました。

ムンド校教職員生徒一同、東京オリンピックでのご活躍を応援しております。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/06/11
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

 浜松湖南高校と柔道交流

IMG_20180608_163430小.jpg

2018年6月8日、浜松湖南高校柔道部の皆様と交流しました。

参加したのは中等部3年生から高等部3年生の希望者11名、柔道経験も様々です。

ストレッチ.jpg

湖南高校の皆様とは、毎年文化祭へ招待していただき交流していますが、それ以外での交流は初めてです。しかしながら、同年代ということもあり、国や言葉は違ってもすぐに打ち解けることができました。

IMG_20180608_165351小1.jpg  IMG_20180608_165354小2.jpg  IMG_20180608_165354_1小3.jpg

寝技の練習では、湖南校生とムンド校生がペアになり、手や足の位置、力の入れ方等、丁寧に教えていただきました。

参加した生徒の中には、来日したばかりで日本語が分からない生徒もいましたが、言葉の壁を超えて楽しく交流することができました。

浜松湖南高校の先生、生徒の皆様、ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/06/04
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

集合写真.jpgのサムネイル画像

6月2日(土)浜松湖南高校の文化祭が開催され、ブラジル課程高等部3年生15名が参加しました。

湖南高校の生徒の皆さんとはムンド校が雄踏に引っ越して来た2010年より文化祭にご招待してくださっています。初めの頃は一緒に校内を廻りながら交流していました。2016年・2017年には一緒に「やら舞歌」を踊り、より深い交流を重ねてきました。

今年度はブラジルの武術と踊りを合わせた「カポエイラ」と「マクレレ」を披露。

カポエイラは高い蹴りや逆立ちなどアクロバティックな動きが特徴で、マクレレは棒を持って相手を戦うことをイメージした動きが特徴です。

本番を3日後に控えた5月30日(水)、湖南高校の生徒の皆さんと顔合わせ・合同練習です。

 合同練習.jpgのサムネイル画像  合同練習②.jpg

初めて見る動きに戸惑う様子も見られましたが、湖南高校の皆さんの覚えが早く、ムンドの生徒も驚いていました。

ムンド生も本番まで倉庫や講堂で練習を重ねます。

  Screenshot_20180604-111252.png  Screenshot_20180604-111224.png

そして迎えた本番。

連日の雨とは打って変わり雲一つない晴天の下、たくさんの声援の中で披露しました。

本番.jpgのサムネイル画像

ムンド生徒感想

「湖南高校の皆さんとブラジルの文化を通じて交流することができて嬉しい」

「駅では会うけど、話す機会はなかった。話をするいいきっかけとなった」

「こんな大勢に方の前で発表するのは緊張したけど、楽しかった」

浜松湖南高校の先生、生徒の皆様、本当にありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/05/17
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

静岡県セイブ自動車学校様よりご寄附

DSC08373.JPG

5月16日、株式会社静岡県セイブ自動車学校様よりチャリティゴルフの寄付金をいただきました。

セイブ自動車学校様のチャリティゴルフでのご寄附は2015年より毎年頂いております。また、昨年は和太鼓をいただき、教職員生徒一同感謝の気持ちでいっぱいです。

DSC08357.JPG

静岡県セイブ自動車学校 早川智文様より松本校長へ寄付金贈呈

  

DSC08352.JPG DSC08359.JPG

DSC08365.JPG

生徒たちより「ありがとうございます」とお礼のことば

静岡県セイブ自動車学校様、いつもご支援ありがとうございます。

児童生徒の学習環境向上のため、活用させていただきます。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/05/11
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

浜松まつりに和太鼓クラブが参加

IMG_20180505_144945.jpg

5月5日、晴天の下行われた浜松まつりで、和太鼓クラブの生徒が力強い演奏を披露しました。

参加者14名中半分が今年度新規加入生徒、このメンバーになって初めての演奏が浜松まつりという大舞台。生徒たちは緊張した面持ちでしたが、会場には保護者・和太鼓クラブOBが駆けつけてくれ、彼らを後押ししてくれました。

 

IMG_20180505_150656.jpg

<少女和太鼓> 魁鼓の皆様と「やら舞か」 

IMG_20180505_125638.jpg

凧揚げ体験。地元の方と力を合わせ「ヨイショ、ヨイショ」

当日は風が強く、各地区の凧揚げが行われている少し離れた凧揚げ広場から、私たちの目の前に凧が落ちてくるという稀な経験もし、「浜松」をいつも以上に感じる一日となりました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/04/06
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

❀幼稚園児・小学生が花いっぱいフラワーパークへ遠足❀

image1 (1).jpeg

はままつフラワーパーク様より花フェスタ期間の招待券をいただきました。

4月3・4・5日の3日間に分け、幼稚園クラスから小学生クラスの145名がフラワーパークを訪れました。

天気にも恵まれ、エントランスを通るとすぐ、空の青と色とりどりの草花とのコントラストが出迎えてくれました。

IMG-20180406-WA0019.jpg 

広い園中に広がる花にうっとりする児童、香りを楽しむ児童、心地いい風のとおる芝生で思い切り走り回る児童、時間いっぱい満喫してきました。

IMG-20180406-WA0025.jpg  IMG-20180406-WA0026.jpg

  

帰ってきた児童たちからは、「すごく楽しかったよ!」「また行きたい!」と言った声が多くあがっていました。

はままつフラワーパーク様、ありがとうございました。

image3.jpeg  IMG-20180406-WA0001.jpg

IMG-20180406-WA0005.jpg  IMG-20180406-WA0012.jpg

  

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/03/21
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

❀桜開花間近!お琴で「さくらさくら」を演奏体験❀

HP1.jpg

3月19日(月)、中学2年生から高校3年生までの生徒が日本の伝統楽器であるお琴を体験しました。ご指導してくださったのは、赤木静香先生です。先生にお越しいただくのは今年で3年目、今年も当校の生徒のために遠く千葉より14台ものお琴を持って来てくださいました。

お琴の歴史は古く奈良時代。伝統楽器で奏でる日本の国花である桜を歌った「さくらさくら」、自然と心が澄み渡ります。

HP2.jpg

初めてお琴を見る生徒が約半数、初めは見たことも聞いたこともない楽器に戸惑いすら感じていましたが、ひとたびその音色を聴くとすっかり心を奪われていました。

HP3.jpg

校舎前の桜の木はそのつぼみを赤く染め始めたばかりで、開花まではあと少しかかりそうですが、生徒たちによる授業最後の演奏は、満開の桜の木からその花びらがちりゆく様子が脳裏に広がりました。

赤木先生、本当にありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/03/21
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

HP3.jpg

3月6日(火)、NPO法人地球ことば村の会員の方々が「日本の童話」の日本語と外国語の対訳読み聞かせの為、来校されました。

「日本の童話」は日本語と外国語の対訳絵本で、外国にルーツを持つ子どもたちのため、彼らの母語と日本語の学習、また絵本を通し日本文化に触れ、母国と日本の架け橋になるような人材育成の助けとなる事を目指して、地球ことば村様が作成されました。

これまでにポルトガル語と英語が刊行されていましたが、今年に入りスペイン語版も刊行されたということで、今回の読み聞かせの前に、当校生徒のためポルトガル語版とスペイン語版の絵本と、対訳の朗読を収録したDVDを贈ってくださいました。

HP2.jpg

小学校2年生クラス「おむすびころりん」

おむすびがリズムよく転がっていく様子に子どもたちからは思わず笑みがこぼれました。

HP.jpg

小学校4年生クラス「クモの糸」

母語でも難しい表現がありましたが、お話の世界に入りこんで聞いていました。

日本語の絵本、母語の絵本はありますが、対訳の絵本にはなかなか出会えません。

地球ことば村の皆様、絵本、DVD、そして朗読のプレゼントをありがとうございました。

※ポルトガル語、スペイン語と日本語の対訳読み聞かせをご希望の団体を受け付けていらっしゃるそうです。

地球ことば村様HP  http://www.chikyukotobamura.org/home.html

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2018/01/23
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

ブラジル・ペルー・日本の要素が詰まった卒業式

2018-01-20 14.29.13.jpg

1月20日、幼稚園部と小学部の卒業式がありました。

日本の卒業式と言えば春に制服やスーツを着て行いますが、ブラジル・ペルーの卒業式は綺麗に着飾り1月に行われます。

2018-01-20 14.07.25.jpg 2018-01-20 14.08.12.jpg

卒業生による誓いのことば

2018-01-20 14.00.55.jpg

日本語で校歌斉唱

2018-01-20 14.16.28.jpg

卒業証書授与

2018-01-20 14.38.16.jpg

保護者・学校へ感謝のことば

2018-01-20 14.41.09.jpg

校長先生へサプライズで花束のプレゼント。ブラジルをイメージした黄色の花と、ペルーをイメージした赤の花束。

2018-01-20 14.43.04.jpg

担任教師へも感謝の手紙のプレゼント

2018-01-20 14.49.25.jpg

卒業式の最後に保護者と踊る「バルサ」は、日本では見られない光景。

2018-01-20 15.00.26.jpg

最後は乾杯。コロッケのようなCoxinhaやチョコレートなどのDoceをいただいてお祝い

27日は、中等部・高等部の卒業式、そして2月からは新年度が始まります。

新年度も好奇心いっぱいに、大きく飛躍する1年になることを期待します。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2017/12/25
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

サンタクロースから子どもたちへ嬉しいプレゼント

DSC07629小.jpg

2011年にアムトラックス様のトラックにムンド校の子どもたちが絵を描かせていただいて以来、毎年クリスマスになるとアムトラックス様と、アムトラック様がスポンサーをされているエスパルスドリームレーシングチームの生形秀之選手が生徒たちにプレゼントを持ってきてくださいます。今年は、SRF TEAM REDZONEのモトクロスライダー池谷優太選手も来てくださいました。

DSC07588.jpg

トラックが現れると湧き上がる子どもたちからの歓声

DSC07594.jpg

心地よい轟音と共に颯爽と登場の生形選手

DSC07589.jpg

トラックからダイナミックに飛び出し皆を驚かせてくれた池谷選手

DSC07605小.jpg

生形選手がバイクのイベントの際にチャリティを呼びかけ、その収益金をムンドの子どもたちへと寄付してくださいました。

DSC07599.jpg  DSC07609.jpg

DSC07611.jpg  DSC07613.jpg

子どもたちみんなが使えるおもちゃと、約280名の全校生徒一人一人にお菓子を手渡しでプレゼント

DSC07614.jpg  DSC07615.jpg

DSC07616.jpg  DSC07617.jpg

DSC07619.jpg  DSC07621.jpg

DSC07624.jpg  DSC07625.jpg

DSC07626小.jpg

子どもたちは、寒い中一人一人と触れ合い笑顔で対応してくださる優しい、そしてかっこいい生形選手と池谷選手の大ファンです。

アムトラックス様、生形選手、池谷選手、

いつもムンドの生徒たちを気にかけてくださりありがとうございます。

ムンド教職員生徒児童一同、お二人の活躍を陰ながら応援させていただきます。

DSC07632.jpg

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2017/12/19
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

防潮堤植栽に参加しました

DSC07524.jpg

12月10日

浜松市では、防潮堤が将来にわたって市民に愛され親しまれるものにしようと、ボランティアによる「防潮堤植栽」を進めています。

本校は今回が初めての参加です。参加したのは、ブラジル課程高等部1年生の12名です。事前学習として何故防潮堤に植栽するのかを学び、当日は家から植栽に必要な2ℓの水を持参で参加。本校の生徒は遠くから通学している者も少なくなく、袋井・豊橋在住の生徒も参加しました。

担当の方から、植栽の手順を伺い、いざ植栽。思った以上に石が多く、硬い地面を慣れない大きなスコップやつるはしを使って掘るのに苦戦しながらも、58本のマツを植えました。

DSC07510.jpg DSC07512.jpg

DSC07513.jpg DSC07514.jpg

DSC07517.jpg DSC07520.jpg

DSC07522.jpg DSC07518.jpg

外国人と言うと、ともすれば日本語教育、通訳など支援の「受益者」となりがちですが、受けるだけでなく、日本で生活する社会の一員として、自分たちができることを積極的に進めていくことが大切だと思っています。

防潮堤植栽担当の皆さま

ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2017/12/15
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

(株)ススキビジネス様主催チャリティーゴルフよりご支援いただきました。

本校創立(2003年)以来、毎年年2回スズキビジネス様主催のチャリティーゴルフよりご支援をいただいております。

今年も7月6日に続き、12月6日にチャリティーゴルフを開催いただきました。

IMG_8192.JPG  IMG_8195.JPG

寄付金授与式には、和太鼓クラブのメンバーも出席させていただき、和太鼓を披露いたしました。

IMG_8172.JPG  IMG_8199.JPG

いつもムンド校の子どもたちに温かい手を差し伸べていただき

ありがとうございます

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2017/12/15
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

「親子でしめ縄リース作り」で交流させていただきました

DSC07503.JPG

12月9日(土)

雄踏小学校PTA主催の「親子でしめ縄リース作り」に本校の小学生の5組の親子が参加させていただきました。

雄踏小学校様とは、これまで子どもたちがムンド校に来て交流していただいたり、雄踏小学校にお邪魔して、ゲームをしたり、「ジングルベル」を日本語・スペイン語・ポルトガル語で一緒に歌ったりと交流させていただいております。

今回は親子参加の「しめ縄リース作り」PTAの役員の方からリース作りの説明を受け、リースのセットを選び、親子でオリジナルリースを作成しました。今回参加した5組の内、2組は父子のペアで参加。最初は戸惑っていたお父さんたちも、慣れない作業に苦戦しながら、最後にはきれいな「しめ縄リース」が完成しました。

DSC07493.JPG DSC07494.JPG

DSC07495.JPG DSC07497.jpg

DSC07496.jpg

クリスマスリースは見慣れていても、しめ縄で作られたリースは初めてのようでみんな完成したリースを見てとても嬉しそうでした。

3年生の男子児童は、お母さんが急な仕事で参加できず、急きょ教員が母親代わりとなり、一緒にリースを作りましたが、出来上がったリースを、「お母さんに見せるんだ」と大事そうに持って帰りました。一緒のテーブルになった雄踏小学校のお母さん、子どもたちともリースを作りながら話すことができ、帰るときには子ども同士「バイバイ、またね」と手を振りました。

DSC07503.JPGのサムネイル画像 DSC07508.jpg

DSC07504.jpg DSC07506.jpg

DSC07507.jpg

雄踏小学校の皆さま

楽しい「しめ縄リース作り」にお誘いいただきありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2017/11/23
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

Haro!U8フットサル大会『浜松東ロータリークラブCUP』出場!

IMG-20171119-WA0007.jpg

11月19日(日)Haro!U8フットサル大会『浜松東ロータリークラブCUP』にムンド校が参加しました。風があり寒い日でしたが、頬を赤くしながら子どもたちが元気いっぱいボールを追いかける姿に、応援する側も熱が入りました。

IMG-20171119-WA0009.jpg

今大会に参加したのは、サッカー経験のない子どもたちばかり。事前に、静岡県立三ヶ日青年の家のスタッフの方々にフットサルの指導をしていただきました。言葉がなかなか伝わらない中、熱心に、親身になって指導してくださり、更に当日もお忙しい中駆けつけてくださいました。スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

IMG-20171119-WA0004.jpg

最後に、今大会にご招待くださいました浜松東ロータリークラブ様、同年代の日本人の子どもたちと接するという貴重な機会を与えてくださり、誠にありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2017/11/13
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

ちらし表面.jpg

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2017/11/13
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

雄踏地区「ふれあい広場」参加

1112日(日)雄踏地区社会福祉協議会主催「ふれあい広場」に参加しました。

ムンド校はステージ発表に参加し、3曲披露しました。

IMG_20171112_122818.jpg

イペ音頭:

ブラジル課程高校1年生が踊りました。

2015年に日本とブラジルの外交関係樹立120周年を迎えたことを記念して作られ、日本の盆おどりのような曲調のため、初めて聞いてもどこか親しみが感じられます。

イペはブラジルを象徴する花で、日本でいう桜のようなもので、両国の友好関係を表現しています。

IMG_20171112_123423.jpg

マリネラ:

ペルー課程小学3年生が踊りました。

マリネラはペルーで人気のある民族舞踊の一つで、「愛の踊り」として知られています。

気品あふれる衣装で華麗に舞いました。

IMG_20171112_123944.jpg

カポエイラ:

ブラジル課程高校23年生が踊りました。

カポエイラは音楽とダンスと格闘技が融合したブラジルの舞いで、最近では日本でも人気がでてきています。

「ふれあい広場」は地元の皆様と触れ合う貴重なイベントです。

披露後は、多くの方から笑顔でお声をかけていただき、とても嬉しい時間でした。

参加させていただき、ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2017/10/17
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

「エアフェスタ浜松2017」の前日特別公開行事にお邪魔させていただきました。

IMG_3378.PNG

あいにくの曇りにも関わらず、飛行機の航跡に生成される飛行機雲はくっきり出て、

間近で見る航空機の迫力は何度みても格別なものでした。

ありがとうございました。

IMG_1252.JPG  IMG_1272.JPG

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2017/08/07
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

交通安全教室

DSC06144.JPG

718日、浜松市交通安全協会の指導員の方々のご協力により幼稚園生徒から小学3年生まで交通安全教室を行いました。

 DSC06156.JPG

まずは、交通ルールについて真剣に話を聞きます。

 

DSC06141.JPG  DSC06148.JPG

学校周辺を実際に歩いて、横断歩道の渡り方を練習しました。

学校周辺は交通量が多く、また体育等で利用するグラウンドへも横断歩道を渡ります。

そのため交通安全教室は年に数回開きます。

もうすぐ夏休みです。交通ルールを守り、安全に気を付けて楽しい夏休みを過ごしてほしいと思います。

交通安全協会の皆様、ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2017/08/07
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

★ 願いを込めて・・・ 短冊飾り ★  

DSC06077.JPGのサムネイル画像

2014年より志都呂竹林協議会様のご厚意により笹をいただき、七夕飾りをしています。今年も立派な笹をいただき、願いを込めた短冊を飾ることができました。

DSC06062.JPGのサムネイル画像  DSC06063.JPGのサムネイル画像

      ニンテンドースイッチ(ゲーム)がほしい            せいゆうになりたい    

 

DSC06084.JPGのサムネイル画像

世界にもっと愛を

日本語授業で七夕の話を聞き、日本語で願いを書きました。

高い位置に飾った方が願いが届きやすい気がするのか、「先生、わたしのをもっと上にかざって~!」という生徒がいたり、あまり目立たない箇所に飾るはずかしがりやの生徒がいたり、それぞれが七夕飾りを楽しみました。

七夕当日には、色とりどりの飾りでカラフルになり、学校中が華やかになりました。

DSC06051.JPGのサムネイル画像  DSC06083.JPGのサムネイル画像

DSC06053.JPGのサムネイル画像  DSC06066.JPGのサムネイル画像

DSC06060.JPGのサムネイル画像  DSC06081.JPGのサムネイル画像

志都呂竹林協議会様、ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2017/06/06
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

浜松湖南高校と協働活動実施

IMG_3561.JPG

6月3日(土)

浜松湖南高校では、文化祭(湖翔祭)が開催されました。


本校の生徒は、2010年より毎年文化祭にご招待いただいておりましたが、昨年度から【湖南・ムンド合同イベント】として、浜松市の市歌である「やら舞歌」を中庭にて一緒に踊っています。

IMG_3539.JPGCIMG4123.JPG

このイベントは、国際交流委員会の皆さんが中心となり実施されています。

文化祭前には、合同での踊りの練習・MCのリハーサルを行い、当日を迎えました。

IMG_3546.JPG

昨年は初めての取り組みだったので、両校の生徒とも、練習も当日も緊張していましたが、

今年は2年目で、昨年参加された生徒さんもいたこともあり、練習のときから笑顔が見られ、本番も楽しそうに踊る姿が見られました。

踊った後は、

茶道部の皆さんからおいしい和菓子とお抹茶をいただきました。

このような小さな協働活動からコミュニケーションが生まれます。

協働活動の実施を通して相互理解が促進され、若い世代から多文化共生社会のモデルケースが発信できます。

浜松湖南高校の皆さま

貴重な機会をいただきありがとうございました!!

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2017/05/31
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

自転車走行マナー教室

523日、30

浜松中央署交通安全指導員の方々による自転車走行マナー教室を開催し、小学4年生~高校生の生徒が参加しました。

DSC05900.JPG

まずは交通安全ルールを学びます。

DSC05907.JPG

その後、グラウンドに設置した模擬道路を使って自転車で実際に走行しました。

普段の生活で自転車をあまり利用しない生徒もいますが、交通ルールを学ぶことで事故に巻き込まれることも防ぐことに繋がります。

DSC05913.JPG

暑い中教室を開催してくださった浜松中央署 交通安全指導員の皆様、ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2017/05/11
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

 静岡県立大学・ムンド交流 

県大ムンド交流.JPG

静岡県立大学とムンド校との連携による訪問・スカイプ併用型日本語会話練習プロジェクトが2012年度より始まり今年度で6年目となりました。

4月25日、今年度の参加者による初顔合わせがありました。

初めは緊張しながらも、同世代ということもありすぐに打ち解けることができたようです。

以下、参加者の感想です。

静岡県立大学 国際関係学部3年生

「私は大阪出身なので、これまでブラジル人と交流を持つ機会がほとんどなかったため、ムンドを訪問して新しい発見がたくさんありました。これからは、スポーツや料理などを通してお互いをもっと知っていけたらと思います。そして、私自身も企画をする側として、日本人と外国にルーツを持つ人の交流が増えるきっかけをつくっていきたいです。」

ムンド校 ブラジル教育課程高校1年生

「日本の方と交流する機会はありますが、今日の顔合わせを通じより知ることができました。好きなものが意外と似ていたり話をしていてとても楽しかったです。これからの交流でも楽しく過ごして新しいことをしっていけたらなと思います。」

1年かけて、ムンド校への訪問・スカイプを使って交流を深めていくことになります。

ムンド生は日本語学習の動機づけと日本国内での進路イメージの形成、県大学生は県内在住外国人教育的課題へ理解を深めてくれることを期待します。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2017/05/09
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

「浜松まつり」和太鼓クラブ参加

IMG_1626.JPG




2017年5月3日

浜松市で毎年ゴールデンウィーク期間中の5月3日〜5日にかけて開催される大イベント「浜松まつり」にムンド校の和太鼓クラブが参加しました。

多くの人で賑わう中田島凧揚げ会場で、緊張しながらも堂々と演奏することができました。

IMG_1636.JPG


今年はNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で浜松が舞台となっているため、井伊家の家紋があしらわれた法被をまとい「やらまいか」音頭も踊りました。
20170503_153438.jpg



大凧揚げの体験もし、重く遠く揚がった凧に興奮しながらも落とさないように真剣の表情でした。

IMG_1561.JPG IMG_1558.JPG
 


普段なかなか外国人と話す機会のない方からも、「なんて学校なの?」「がんばってね。」と温かい声をいただき、地元の方と触れ合う素晴らしい機会となりました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2017/04/26
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

新聞紙でかぶと作り

KIMG0004.JPG

ブラジル1年.JPG

5月5日はこどもの日。

小学校低学年の日本語授業でかぶとを作りました。

色を塗ったり飾りを付けたりと、オリジナルかぶとをかぶり笑顔いっぱいの生徒たちでした。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2017/03/28
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

浜松日建工科専門学校オープンキャンパスに参加


横DSC_1573.jpg

3月25日

本校高等部6名(ブラジル課程4名、ペルー課程2名)が日建工科専門学校のオープンキャンパスに参加させていただきました。

日建工科専門学校には建築施工管理技士、建築インテリアデザイン科があり、2年間で建築の基礎を学び、業界の即戦力になる人材を育成されており、卒業時に2級建築士の受験資格を得ることができます。

在学中には、建築整備士、宅地建物取引士、インテリアコーディネーター、カラーコーディネーター、福祉住環境コーディネーターなど様々な資格取得を奨励され、就職内定率も100%と地元企業でも多くの卒業生が活躍されているとのことです。

オープンキャンパスでは、学校説明、校舎見学をさせていただいた後、体験学習として、CADを使用して家を増築し、各々オリジナルの家を設計しました。

DSC_1557.jpg DSC_1560.jpg

DSC_1564.jpg DSC_1567.jpg

DSC_1568.jpg DSC_1569.jpg


浜松日建工科専門学校の皆さま

オープンキャンパスに参加させていただきありがとうございました。










学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2017/03/28
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

和太鼓演奏

20170322_112524.jpg


第19回日本太鼓ジュニアコンクール参加のため来日した源流太鼓(ブラジル)とアカスーソ太鼓(アルゼンチン)のグループの皆様が日本太鼓財団の方々と来校され、和太鼓の演奏をしてくださいました。
ブラジル課程小学3年生から6年生、ペルー課程小学4年生から6年生までの生徒が参加しました。



DSC05628.JPG  DSC05633.JPG


全身を使った演奏は迫力があるだけでなく、見る人の心を一瞬で掴むものがあり、
会場全体が演奏に釘づけになりました。

DSC05627.JPG  DSC05635.JPG




日本和太鼓財団、源流太鼓、アカスーソ太鼓の皆様、感動的な演奏をありがとうございました。





学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2017/03/20
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

ブラジル連邦共和国連邦下院議員団、在浜松ブラジル総領事、外務省ご一行来校

DSC05622.JPG





外務省が主催する「Juntos!!中南米対日理解促進交流プログラム」により来日している
ブラジル連邦共和国連邦下院議員団(9名)が在浜松ブラジル総領事、外務省の方と共にご来校されました。


DSC05597.JPG DSC05600.JPG

校内見学では低学年教室に入り児童に優しく話しかけてくださいました。

DSC05604.JPG DSC05605.JPG

DSC05607.JPG DSC05618.JPG



その後、ムンド校の紹介ビデオ・独自の漢字教授法のビデオ視聴、
高校生による卒業後の希望進路について発表、最後は和太鼓クラブによる演奏をご覧いただきました。

訪問時間1時間という限られた時間の中で、当校の活動について全てお伝えすることはとても叶いませんが、
母国から遠く離れた日本で学ぶ子どもたち・学校のことを知っていただき、
実際に見て肌で感じていただくことは、言葉では言い表せないくらい貴重なことです。



貴重な来日期間中、ムンド校にお越しいただき、感謝申し上げます。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2017/03/20
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

お琴体験

DSC05573.JPGのサムネイル画像

3月15日、とても嬉しい体験をすることができました。
日本を代表する楽器であるお琴の体験です。
ご指導くださったのは赤木静香先生、千葉より16台ものお琴を当校のために持参してくださいました。
曲は、日本を代表する「さくらさくら」。
お琴体験をした教室の外には桜の木が並び、半月ほど待てばきれいに色づきます。
お琴の音色に癒されながら目前にある春を待ち遠しく思い、暖かな気持ちになりました。

DSC05535.JPGのサムネイル画像  DSC05539.JPGのサムネイル画像

DSC05555.JPGのサムネイル画像  DSC05562.JPGのサムネイル画像



今回は当校の中高生が体験しましたが、昼休みには教員が体験させてほしいと言ってくるほどで、
教職員生徒一同短い時間ですっかりお琴の音色に魅了されました。


赤木先生、貴重な体験をありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2017/02/09
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

2016年度卒業式

DSC05260.JPG DSC05274.JPG

220.JPG 045.JPG


1月28日
ホテルクラウンパレスホテル浜松にて、2016年度卒業式・修了式を執り行いました。
式にはお忙しい中、多くの来賓にご臨席いただきました。

在浜松ブラジル総領事館副総領事 アマド パウロ様
ペルー共和国大使館 三等書記官 アマンドール パントッハ様
日本ウェルネス高等学校 村田様
浜松市国際課 課長補佐 原川様
浜松ハーモニーロータリークラブ会長 岩澤様、会員の皆様
株式会社コー・プランニング会長 竹内様
雄踏地区自治会連合会 会長 奥田様、
雄踏地区社会福祉協議会 会長 坂田様
ムンド・デ・アレグリア学校 理事 山内様
静岡県議会議員、ムンド・デ・アレグリア学校 評議員 田口様
スズキ株式会社 総務部長、ムンドデアレグリア学校 評議員 影田様
株式会社ソミック石川 会長 ムンドデアレグリア学校 評議員 石川様
毎週読み聞かせのボランティアに来てくださる みかんの花の会の皆様 

お忙しい中、ご臨席を賜りまして誠にありがとうございました。

また、ご多忙の中、当校の理事である衆議院議員 城内実様よりお祝いのメッセージを頂きました。

当校が提携している日本の通信制高校の修了式も併せて執り行いました。
提携により、当校ではブラジル・ペルー本国と同じ教育を受けることができるばかりでなく、日本の高校の勉強もできます。
これにより、本人が努力すればブラジル・ペルーへの進学ももちろん可能ですが、日本の専門学校・大学への進学もできます。
今年度はペルー人卒業生が1名おり、高校本部から先生が駆けつけてくださり、修了証書を手渡してくださいました。


DSC05181.JPG

DSC05188.JPG DSC05203.JPG

DSC05208.JPG DSC05218.JPG
保護者からのメッセージと共に卒業生入場

115.JPG 144.JPG

158.JPG 206.JPG

001.JPG 014.JPG
1人ずつ名前を呼ばれ、卒業証書を受け取ります。

DSC05317.JPG
送辞:卒業生を送る寂しさと、温かく見送る気持ちを述べました

073.JPG 075.JPG
答辞:卒業生から教員・在校生へ思い出の共有と感謝の気持ちを述べました。

088.JPG

DSC05337.JPG 098.JPG
卒業生から校長へサプライズで感謝の言葉と花のプレゼント。

123.JPG 128.JPG
卒業生から保護者へ感謝のことば

20170128_155614.jpg 20170128_155633.jpg
「翼をください」を日本語で在校生と共に合唱

146.JPG
保護者とのダンス:ブラジル・ペルーでは伝統となっています

20170128_164100.jpg
会場を変え、懇親会。最後は明るく「風になりたい」を歌いました



卒業生それぞれがムンド校で培った経験を生かし自分の夢に向かってはばたけるよう、
教職員一丸となって取り組んで参ります。


最後に、学校支援者の竹内様のおかげで今回このような大きな会場で盛大な卒業式を執り行うことができました。
竹内様、クラウンパレスホテル浜松様、本当にありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2016/10/26
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

稲刈り体験

DSC04022.JPG

雄踏町の地域活性化プロジェクト「らびりんすゆうとう」様と加茂様のご厚意で、

今年も稲刈り体験をしました。


らびりんすゆうとう様には4年前から春には田植え、秋には稲刈りと、

毎回生徒たちに自然と触れ合う機会をいただいております。

今回参加したのはブラジル小学5年生とペルー小学2・3年生の18名です。

DSC04051.JPGDSC04037.JPGのサムネイル画像

籾殻の山にダイブ!プールみたいと大騒ぎ。

DSC04035.JPG「先生、これは何?」

「もみ殻といって、中にお米が入っていたんだよ。二つ合わせると、お米の形をしているでしょ?」

DSC04041.JPG籾殻くん炭を作っている様子も見られました。

DSC04026.JPGコンバインにも乗せていただきました。

DSC04039.JPGDSC04045.JPG周辺の散策。

ザリガニを捕まえたのはいいけれど、はさみが怖くて触れません。

DSC04054.JPG

DSC04058.JPGDSC04056.JPG

やさしく教えてもらって、ついつい夢中に。帰る時間になってもなかなかやめようとしません。

おみやげにおいしいおにぎりまでいただきました。

らびりんす雄踏様、加茂様、今回も温かく出迎えていただきありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2016/09/28
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

SUZUKI秋まつりin高塚

20160924_135736_007.jpg

スズキ株式会社様本社で開催された秋まつりにムンド校のブラジルの中高生が参加しました。沢山の模擬店やステージイベント、大抽選会が開催され、毎年多くの方が訪れている会場で、ブラジルのサンバ、そしてカポエイラという格闘技と音楽・ダンスの要素が融合した伝統芸を披露しました。

当日はあいにくの雨でしたが、多くの方にムンド校、そしてブラジル文化に触れていただくことができました。
スズキ株式会社様、このような大変貴重な機会をいただきまして、ありがとうございました。

20160924_135115.jpg

20160924_135139.jpg

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2016/09/15
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

ラテンアメリカ婦人協会の会員の方より、

スペイン語の本と、洋服のご寄付をいただきました。

ありがとうございました。

DSC03598.JPG  DSC03597.JPG

DSC03584.JPG  DSC03590.JPG

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2016/08/05
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

絵本の寄贈 DSC03322.JPG

絵本のスペイン語翻訳をしていらっしゃる星野様より、ご自身が翻訳されたペルー人作家の絵本『いいこにして、マストドン!』や『とびきりおかしないぬ』、その他にもスペイン語圏の絵本の訳書を頂きました。

DSC03332.JPG DSC03328.JPG

DSC03331.JPG DSC03326.JPG

星野様、心温まる贈り物をありがとうございました。

大切に使わせていただきます。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2016/08/03
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

プール開き

IMG_0388.JPG

連日の猛暑の中、幼稚園から小学校低学年までの子どもたちは、プール遊びで歓声を上げています。

元気な声が暑さを吹き飛ばしてくれます。

IMG_3549.JPG    IMG_3550.JPG

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2016/08/03
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

ブラジル数学オリンピック参加

IMG_0320.JPG


ブラジル国内で開催される数学オリンピックに、ムンド校のブラジル課程6年生~高校生までの生徒が出場し、5名の生徒が第1ステージを突破しました。
  
IMG_0323.JPG IMG_0327.JPG


 IMG_0334.JPG
第1ステージ突破の5名
Jennifer Shiraga da Silva (8⁰Ano), Livia Kaory Gondo Bernardes (9⁰Ano), Rafael Yukio Doi Miura (9⁰Ano), Renan Dias Campanelli (2 ͣEM), Julia Spagnuolu Nichiyama (3 ͣEM).


この大会に出場すること自体、本国では大きな意味があり、通常授業の他に特別授業を実施するほど参加する学校は力を入れています。
ブラジル数学オリンピックの歴史(38年)の中で初めて、国外にあるブラジル人学校が参加したということもあり、HPでも紹介していただきました。
         

第1ステージを突破した5名は、9月に行われる第2ステージに向け勉強に励みます!!

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2016/07/18
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

都市対抗野球 ヤマハチーム応援

IMG_0344.JPG

7月16日、都市対抗野球にて、ヤマハチームの応援にムンド校の教員・生徒・保護者(45名)が東京ドームにヤマハ(株)様よりご招待いただきました。早朝出発にも関わらず、すぐ近くで繰り広げられるチアリーディングや応援歌・応援合戦に、応援にいった生徒・保護者は大盛り上がりでした。試合は、相手チームのJFE東日本を見事9-4で破り、2回戦へ勝ち進みました。
IMG_0345.JPG IMG_0352.JPG

IMG_0354.JPG IMG_0355.JPG
  

  
  
ヤマハ株式会社の皆様、このような機会をいただきまして、本当にありがとうございます。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2016/07/06
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

(株)スズキビジネス様主催チャリティーゴルフよりご支援いただきました


本校設立(2003年)以来、毎年年2回スズキビジネス様主催のチャリティーゴルフより多大なご支援を頂いております。

今年も7月6日(水)にチャリティーゴルフを開催いただきました。

IMG_5437.JPG     IMG_5441.JPG

 (株)スズキビジネス社長鈴木滋様より       中日新聞社東海本社事業部長 足立晋様より    寄付金を授与いただきました          子どもたちにプレゼントをいただきました

寄付金授与式にはブラジル高校生も出席させていただき、踊りを披露いたしました。

IMG_5446.JPG     IMG_5454.JPG

     「やらまいか」                      「サンバ」

いつもムンド校の子供たちに温かい手を差しのべていただき、

ありがとうございます

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2016/06/13
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

「浜名ふれあい芸能祭」和太鼓クラブ・サンバチーム参加

DSC02813.JPG

6月10日、ガーデンパークで行われた「浜名ふれあい芸能祭」にムンド校の和太鼓クラブ・サンバチームが参加しました。

当日は天気にも恵まれ、多くの方に発表を見ていただくことができました。

DSC02800.JPG DSC02801.JPG

DSC02828.JPG DSC02818.JPG

当校では、日本の文化と母国の文化、どちらも同じように大切にしています。
日本文化に触れ、母国の文化を地域の方に知っていただくことは学校内では限りがあるため、
今回のイベントに参加させていただけたことはとても貴重な体験です。
本当にありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2016/05/25
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

浜松ハーモニーロータリークラブ様定例会参加

20160518_201143.jpg

5月18日、浜松ハーモニークラブ様の定例会に参加させていただきました。同クラブ様には、昨年より経済的に不安を抱えている生徒への奨学金や、ムンド校生徒への職場体験など、いろいろな形でご支援いただいております。

今回は、奨学生を代表しブラジル高等部2年オイカワミホ、ブラジル高等部2年レレケビアンカ、ブラジル中等部2年キナヘナンの3名が自分の夢や希望を定例会で発表いたしました。
自分の夢を発表するというのは、経済的に不安のある彼らにとって容易なことではありませんでした。しかし今、同クラブ様のご支援のおかげで一時は諦めかけていた夢をもう一度目指すことができ、会員の皆様の前で自分のことばで発表することで、その想いは強いものになりました。

20160518_200131.jpg  
発表後も会員の皆様にお声掛けいただき、温かいおことばをいただきました。
浜松ハーモニーロータリークラブ様、本当にありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2016/05/09
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

              和太鼓クラブが浜松まつりに参加しました

和太鼓クラブが海外でも活躍する地元の和太鼓団体・少女和太鼓魁鼓500の方々と一緒に和太鼓を演奏しました。
5月3日(火)に快晴の空の下、本校の中高生8人が浜松祭りで和太鼓の演奏をしました。大勢の観客の方々の前で演奏する喜びとともに、魁鼓の皆様と音を合わせることの喜びを生徒たちは実感しました。「もっときれいに合わせられるように練習したい」との声も聞こえました。これからも浜松にある外国人学校として、少しでも多くの方に学校のことを知っていただけるよう努力してまいります。ありがとうございました!!
 

      5月4日 静岡新聞朝刊掲載
HP用記事.png  

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2016/03/02
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

 職場見学をさせていただきました!! 

DSC01910.JPG

2月2日、3日、5日、将来日本で働きたいと希望している中等部・高等部の生徒が職業見学をさせていただきました。この職場見学は、浜松ハーモニーロータリークラブ様のご協力により実現したものです。

本校の生徒は、卒業後、日本に定住する者も少なくないため、外国人学校である本校においても、日本社会で働くためのキャリア教育は非常に重要です。何故なら、保護者が外国人であること、工場労働者であることを考えると、家庭では、日本の様々な職業について子どもたちに教えることができないからです。また、日本社会に適応するためには、キャリア教育に加え、日本の文化・習慣・マナーも学ぶ必要があります。

日本の文化・習慣・マナーについては、学校で指導することはできても、キャリア教育を学校ですべて担うには限界があります。今回ハーモニーロータリー様より職業見学の機会をいただくことにより、生徒たちは日本の会社を知り、自分たちの将来の仕事について考えるきっかけになったと思います。

 今回、職業見学をさせていただいたのは、幸和ハウジング様、中日新聞社様、K-mix様の3社です。中高生の生徒が各社5名ずつ参加し、担当の方に社内をご案内いただき、仕事の内容についてご説明いただきました。将来建築士を目指している高校生の女子生徒は、今回の職場見学を非常に楽しみにしており、事前に建築の専門用語を予習し当日に備えました。職場見学で実際に家が建てられるまでの工程を学び、モデルハウスを見学したことで、より建築士になりたいという気持ちが強くなったようです。

DSC01882.JPG  DSC01906.JPG 

DSC01889.JPG  DSC01913.JPG  

中日新聞社様では、女性記者の方が見学に同行くださり、翌日の新聞に記事が掲載されました。

DSC01925.JPG  DSC01929.JPG

DSC01931.JPG  DSC01934.JPG

K-mix様の職場見学では、生徒2名が「モーニングラジラ」に生出演させていただくというプレゼントまでいただきました。

DSC01940.JPG  DSC01945.JPG

DSC01948.JPG  DSC01955.JPG 

 

参加した各生徒にとって、初めての企業訪問だったので、全員非常に熱心にメモをとっていました。実際の仕事場で仕事内容をご説明いただいたことで、仕事に対してより具体的にイメージができるようになったようです。将来、日本で生活し、日本で働きたいと希望している生徒が、職業の選択肢が増えるよう、そして、日本社会に貢献できるようにこのような機会を与えていただき感謝いたします。

浜松ハーモニーロータリークラブ様

幸和ハウジング様、中日新聞社様、K-mix

ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2016/01/05
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

::: ファンケルキッズベースボールチャレンジ参加 :::

���w�Z�W��ハ�^�i��m�V���B�e�j.JPG

12月20日、元プロ野球選手による野球教室「ファンケルキッズベースボールチャレンジ」の特別大会に当校の生徒が招待され、小学4年生から高校3年生までの生徒と保護者の約30名が参加しました。

「ファンケルキッズベースボールチャレンジ」は、使わくなった野球用具を回収し、野球用具の不足している国や地域・東日本大震災の被災地などに提供したり、全国の小中学生を対象に元プロ野球選手が指導者となり野球教室を開催したりと、野球というスポーツを通じて"世界中の子供たちを笑顔にすること" を目的としたプロジェクトです。

活動の一環として、昨年度当校にもバットやグローブなど野球道具を寄贈していただきました。当校は日本の学校と違い体育用具が十分に備わっていません。その時初めて野球に触れた生徒も少なくなく、今回の教室は夢のような話でした。

今回の指導陣は・・・

・ジャイアンツOB宮本和知さん

・ジャイアンツOB 吉村禎章さん

・ベイスターズOB 久保文雄さん

1450845852091.jpg

そしてスペシャルゲストとして巨人の原辰徳前監督が登場し、当校の生徒に野球用具を寄贈していただきました。

DSC01147.JPG DSC01149.JPG       

  

野球教室では、初心者の生徒にも分かり易いようにボールの握り方やバットの振り方など1人ずつに丁寧にご指導いただき、キャッチボールやバッティングで交流しました。あっという間の時間でしたがどの生徒も目を輝かせ、野球の面白さに触れ、とても貴重な体験となりました。

 DSC01150.JPG DSC01151.JPG

DSC01156.JPG DSC01159.JPG

DSC01164.JPG DSC01159.JPG

DSC01166.JPG DSC01184.JPG

DSC01189.JPG DSC01191.JPG

         

交流後、当校代表生徒のブラジル教育課程高等部1年生オイカワミホより「とても楽しい時間でした。まだまだ下手ですが、今日教えていただいたことを思い出し、もっと上手になりたいです。」とお礼の言葉を述べました。

DSC01203.JPG

今回このような機会を提供してくださった株式会社ファンケル様、ファンケルキッズベースボールチャレンジ関係者の皆様、本当にありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2015/11/30
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

雄踏ふれあい祭りに参加させていただきました。

11月22日(日)に「雄踏ふれあい祭り」に参加させていただき、今年もペルー人生徒が民族舞踊を披露いたしました。生徒たちは、この日のために一生懸命練習し、踊る前は少し緊張していましたが、地域の皆様に暖かい拍手をいただきとてもうれしそうでした。地域の皆様と交流できる時間をいただき感謝しております。これからも雄踏地域にある外国人学校として、地域の皆様に少しでも学校のことを知っていただけるよう努力してまいります。

ありがとうございました!!

DSC08120.JPGDSC08104.JPGDSC08117.JPG

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2015/09/29
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

 スピーチコンテスト優勝! 

DSC_1218.JPG

9月27日、NFSA日本語スピーチコンテストにブラジル教育課程高等部3年クデケンユウジが出場し、高校生の部で優勝いたしました。NFSAは日本財団による奨学金で日本に留学中の日系人留学生による団体です。

DSC_1213.JPG DSC_1220.JPG

 

日本語を覚えてからもなお両親は習慣・社会の仕組みの違いという壁を、そして自分自身も小学生時代に孤独を感じていました。周りで支えてくれる人の存在に気づいたとき、多くの人が何らかの壁の前に立ち止まってしまう中、本当に必要なのは通訳ではなく、「背中をおしてくれる人」ではないかと感じるようになったそうです。将来だれかの背中を押してあげられるよう、自分自身が日本社会でしっかりと頑張らねばという決意を話しました。

スピーチした生徒は現在高校3年生。卒業後には、今以上に高い壁が何度も立ちはだかるでしょう。この気持ちを忘れず、恐れず立ち向かってほしいです。

DSC02445.jpg

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2015/08/25
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

【速報】日本語能力試験結果発表

DSC02243.JPG

【N2】

DSC02235.JPGのサムネイル画像 DSC02240.JPGのサムネイル画像

オオツカ ジャジソン(ブラジル高等部3年) ウミノ ユウイチ(ブラジル高等部2年)

DSC02238.JPGのサムネイル画像 DSC02237.JPGのサムネイル画像

オオムラ ジュリアナ(ブラジル高等部1年) ダシルバ タイナラ(ブラジル高等部1年)    

DSC02236.JPG DSC02217.JPG

   キナ ヘナン(ブラジル中等部1年)

【N3】

DSC02234.JPG DSC02230.JPG

サントス ウェズリー(ブラジル高等部1年) カンパネリ ヘナン(ブラジル高等部1年)

DSC02228.JPG DSC02227.JPG

マツサカ フアンカルロス(ペルー中等部3年) マタヨシ ダニーロ(ペルー中等部3年)

DSC02218.JPG

【N4】

DSC02245.JPG DSC02213.JPG

マトス ヒトミ(ペルー中等部2年)

【N5】

DSC02222.JPG DSC02224.JPG

ワリザヤ キヨシ(ブラジル小等部5年) ユサ レチシア(ブラジル中等部1年)

DSC02225.JPG DSC02210.JPG

レレケ ビアンカ(ブラジル高等部1年)

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2015/08/04
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

E.JPG

7月22日浜松ハーモニーロータリークラブの奨学生認定証授与式が執り行われました。

浜松ハーモニーロータリークラブ様には

2015年度7月より、ブラジル・ペルー児童・生徒8名に奨学金のご支援をいただきます。

C.JPG

本校に在籍する児童・生徒は南米からの出稼ぎ労働者の子弟のため、経済的に安定せず、子どもたちの中にはお金の心配をしながら勉強を続けなければならない者が少なくありません。保護者の経済状況に合わせ、学校を移動することを余儀なくされるため、本人の意志ではないにも関わらず、何度も転校しなければならない子どもたちも多いのです。小学校1年にムンド校に入学し、6年で卒業を果たせる者はほんのわずかです。

奨学金をいただき、同じ場所で勉強を続けることができることは、子どもたちにとって学習を積み上げることができ、学力向上に繋がります。そして、何よりも安心して勉強できる環境にいることが子どもたちの心の安定に繋がります。奨学生たちの中には、将来日本の大学の建築学部に入学したい、日本でCAになりたいという夢を持つ子どもたちもいます。夢を叶えることで皆様のご厚意にお応えできるよう教員、児童・生徒共々精進していきたいと思います。

D.JPG

浜松ハーモニーロータリー様、ご支援いただきありがとうございます。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2015/07/21
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

【第18回】「国際文化交流会スピーチコンテスト」に参加

集合写真1.jpg

7月18日、静岡市にある国際ことば学院日本語学校のスピーチコンテストにゲストスピーカーとして、ブラジル課程高等部1年 オイカワミホ、スピーチ前の応援としてブラジル課程高等部3年 クデケンユウジが参加いたしました。

DSC01856.JPG

このコンテストは、国際ことば学院日本語学校に在籍している留学生が日頃の勉強の成果を披露するもので、2003年の設立当初からムンド校はゲストスピーカーとして参加させていただいています。

DSC01861.JPG

日本への想いが強かった日系二世の祖父。その祖父が苦労して建てた家。家が繋ぐ家族の絆。そんな家に携わる仕事に就きたい、その想いを「夢」というぼんやりしたものではなく「目標」として明確に掲げ、それに向かって努力を続けることをスピーチで力強く語りました。

ゲストスピーカーなので審査対象にはなりませんが、スピーチ後には審査員や観客の方から「心に響く素晴らしいスピーチだった」とご好評いただきました。

国際ことば学院日本語学校様、ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2015/07/01
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

 フェスタジュニーニャ2015 

⑬.JPG

6月20日(土)、雄踏文化センターにてフェスタジュニーニャを開催しました。

ブラジルと言えばサンバカーニバルのイメージがありますが、それに負けないほど国民に人気のある行事、それがフェスタジュニーニャという収穫祭です。華やかなサンバのイメージとは真逆で、この祭りはチェックの服に麦わら帽子をかぶり、女の子は三つ編み・そばかす、男の子はひげ、つぎはぎだらけのズボンという田舎風の装いをします。

この日は保護者が持ち寄った手作りのケーキや、クアドリーヤというこの祭りには欠かせない団体の踊りを楽しみました。

当日は、ジョゼ・アントニオ・ゴメス・ピラス在浜松総領事も駆けつけてくださり、祭りを楽しんでいらっしゃいました。

③.JPG ⑥.JPG

⑦.JPG ⑨.JPG

⑧.JPG ⑩.JPG

⑫.JPG ⑭.JPG

母国を近くに感じる一日になりました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2015/06/09
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

下記リンクにて、ムンドの歩みを2分間で紹介しています。ナレーションは本校ペルー課程中等部3年マツサカ フアンカルロスが担当しています。ぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=yprn6VrngkE

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2015/05/25
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

多言語絵本作成プロジェクト

ムンド校では、日本語能力のある外国人と大学生との交流を進めています。国籍は違っても将来日本社会を担っていく可能性のある人達に、協働できる活動や場を提供することで、外国人はさらに日本語能力を磨き、日本人は異文化理解・多文化共生等、机上の勉強だけでなく、実際に体験・活動しながら学習を深めていく。そして、日本語教育に関しては、日本人から外国人への支援ではなく、日本語能力のある外国人が同国の日本語学習を必要としている人たちを支えていくことを目指しています。

静岡県立大学国際関係学部の学生さんとは平成24年より「県大ムンド交流」と名付け、交流を続けています。この多言語絵本作成については、県大ムンド交流の中で日本語教育に興味を持った学生さんが立案、日本語能力のあるブラジル人・ペルー人が協力し作成されたものです。

以下、絵本プロジェクトを成功させた学生さんからのメッセージを紹介します。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

静岡県立大学2015年度卒業生 山下佳那子

1.多言語絵本とは

 この絵本は、静岡県浜松市にある南米系外国人学校、学校法人ムンド・デ・アレグリア学校の高校生4人と静岡県立大学の学生が2013年1月からおよそ1年かけて制作したものです。絵本は、生徒たちの母国であるブラジルとペルーを題材にした物語で、ポルトガル語と日本語、スペイン語と日本語がそれぞれ併記してあります。題材選びから、翻訳、描画、色塗り、清書まで、すべて生徒たちと試行錯誤しながら完成までたどりつきました。この絵本を制作した目的は3つあります。

1.生徒たちのバイリンガル能力を生かす機会をつくること

2.生徒たちの母国の物語、文化、言葉を日本人に伝えること

3.外国人児童たちが、母文化と母語・日本語を学ぶこと

 これらの目的とともに、生徒たちの努力を多くの人に伝えることができれば幸いです。

 

2.物語のあらすじ

「悪魔を騙した女」ペルー

ペルー絵本.png

  とても貧しい生活をしている女、マリアは、豊かな暮らしを手に入れたくて、悪魔と契約をする。悪魔はマリアの魂をもらうことを条件に、しばらくの間、マリアが豊かに暮らせることを約束する。契約のおかげで金持ちになったマリアだが、やがてこの生活を手放すことが惜しくなる。そして悪魔に魂を奪われないよう、マリアはある行動をとる。

http://sei-syou.com/e-book/yk/akumawodamashitaonna/ 

 「Rio」ブラジル

ブラジル絵本.png

  アマゾンの森に、アララ・アズルという種類の鳥の赤ちゃんがいた。名前は「ブルー」。ブルーは、木から落ちて怪我をしてしまい、飛べなくなった。そして、突然現れた鳥泥棒にさらわれてしまい、アメリカに送られてしまう。そこで、ある少女とともに暮らすが、大人になってからブラジルに還ることになった。一羽のメス、「チェリー」と出会い恋をするが、また鳥泥棒にさらわれてしまう。ブルーとチェリーは、どうやってこの危機を乗り越えるのか。

 http://sei-syou.com/e-book/yk/rio/

3.これまでの活動

・2013年11月26日、ムンド校文化祭にて読み聞かせ

・2014年8月23日、名古屋で行われたイベント「絵本のひろば」にて読み聞かせ

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2015/04/09
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

ジュビロ磐田のユースチームに入団し、この度選手登録を完了したムンド校の生徒であるニコラスが、

ユニフォームのお披露目に来ました。

DSC01311.JPG  DSC01310.JPG

皆様、応援よろしくお願いいたします!!

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2015/04/08
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

2015年2月21日、細江国際交流協会様主催「国際料理交流フェア2015」に参加しました。

今年のテーマは「お祝い、パーティ料理」。イベントには日本、中国、フィリピン、インド、バングラディッシュ、アメリカ、フィンランド、ペルー人が集まり、各国の料理を披露しました。

ムンド校が今回作ったのは、ペルー料理の「パパ ア ラ ウワンカイナ(じゃがいもとゆでたまごのチーズソースかけ)」と「アロス コン ポジョ(鳥肉の炊き込みご飯)」です。

IMG_3206.JPG   IMG_3207.JPG

    パパ ア ラ ウワンカイナ              アロス コン ポジョ

各国の料理も出揃い、料理を紹介した後はいよいよ試食会です。

「おいしいね」「どうやって作ったの?」等お声掛けいただき、いろいろな国や年代の方と交流することができ、貴重な経験となりました。

IMG_3209.JPG  IMG_3208.JPG  IMG_3212.JPG

(左から日本・フィリピン・中国)  

 

IMG_3220.JPG  IMG_3231.JPG

        料理の説明                 ペルーの民族舞踊

とても楽しい時間を過ごすことができました。

細江国際交流協会の皆様、ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2015/04/06
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

DSC_0196.jpg

4月6日(月)日本武道館にて東洋大学の入学式が行われました。今年度東洋大学へは大学院生も含め7832人が入学しました。東洋大学は、文科省よりスーパーグローバル大学に選ばれ、グローバル人材の育成に非常に力を入れています。

東洋大学.png   

今年度、本校の卒業生であるペルー人チネンアキヒロが東洋大学に進学しました。昨日は日本人学生と並び堂々と入学式に出席しました。彼は母子家庭で、下に2人の弟がいるため、ムンド卒業後すぐに大学進学は叶わず、卒業後5年目にして晴れて大学生になれたのです。これから新生活が始まりますが、彼は学費を自分で支払わなければならないので、東洋大学イブニングコースに在籍し、働きながら大学に通うことになります。働きながらの大学生活は決して簡単なものではないと思いますが、一時は大学進学を諦め、社会経験もある彼は、勉強できる環境にいられることがどれだけ恵まれているか知っています。入学式での彼は、たくさんのことを勉強し、もっともっと自分をレベルアップさせたいと希望に満ちていました。先日行われたTOEICでも930点をとるなど向上心が非常に高く、これから始まる大学生活でも今の気持ちを忘れず頑張ってくれることを期待します。

DSC_0193.jpgのサムネイル画像 DSC_0189.jpg

彼だけではなく、ムンド校の子どもたちにとってまだまだ専門学校・大学進学は高いハードルです。学力ももちろんですが、学費をどうするかを生徒本人が考えなければならないからです。昨年・今年と進学を果たした生徒のほとんどが自らローンを返済していく方法で専門学校・大学に進学しました。入学式の様子は当日インターネットでも配信されたので、本校の高校生は学校でそのライブ映像を見ました。学費の問題は大きいですが、先輩の姿を見て、一人でも多くの生徒が進学への夢を諦めずに勉強を続けていってほしいと思います。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2015/04/02
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

ペルー奨学金2015 集合.jpg

経済困窮家庭の子どもたちを救済するため、駐日ペルー特命全権大使の呼びかけで
2010年に開始されました「在日ペルー共和国名誉領事館奨学金」の認定式が今年も盛大に行われました。

名誉領事館は京都の裏千家(千玄室大宗匠)様、
岐阜県高山市の光記念館(岡田泰六理事長)様、沖縄県那覇市の在那覇ペルー共和国名誉領事館
(呉屋守將名誉領事)様です。

この奨学金でこれまでもたくさんの生徒が助けられており、また経済的理由で学校を退学せざるを
得なかった生徒が大学に進学も出来ました。多大なご支援心より御礼申し上げます。

DSC01147.JPGのサムネイル画像駐日ペルー大使奨学生

DSC01191.JPG在京都ペルー共和国名誉領事千玄室大宗匠奨学生

DSC01193.JPG在那覇ペルー共和国名誉領事館奨学生

ありがとうございます。
どうかこれからも応援宜しくお願い致します。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2015/03/25
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

3月25日、心あたたまるプレゼントが届きました。

生徒たちの大好きな絵本です。

さっそく幼稚園クラスに見せたところ、どの生徒もそれまで遊んでいたおもちゃをそのままに、絵本に駆け寄ってきました。

日本ではブラジルの絵本を手に入れることが容易ではないため大喜びです。

絵本寄贈①.jpg  絵本寄贈②.jpg

 

本来であれば、直接お礼を申し上げるべきとは存じますが、

ご連絡先が分からなかったため、この場を借りて御礼申し上げます。

東京都 中尾様、素敵な絵本をありがとうございました。

大切に使わせていただきます。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2015/02/12
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

 ☆ 2014年度日本語能力試験 合格  

N1 3名

N2 4名

N3 2名

N4 3名

N5 1名

19名中13名合格!!

集合.jpg

<進学クラス> 日本語能力試験 合格の声!

DSC_1027アヤコ.JPG

N1合格 : トレス アヤコ

「何度もチャレンジして、や~っとN1に合格できました!あきらめずに続けてよかったです。

今年は漢検、英検にもチャレンジします!」

DSC00953ユウジOK HP.jpg

N1 合格 : クデケン ユウジ

「僕は、前の高校を中退したので、勉強にブランクがあります。今回、合格できて、学ぶ大切さに改めて気付きました! 勉強できるチャンスを『当たり前』とは思わず、更に、更に向上心を持って頑張りたい!!」

DSC_1028イリス.JPG

N2 合格 : ヴィラフェルテ イリス

「N2に合格できて、本当にうれしいです!一生懸命勉強して、N1にも合格したいです。」

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2015/01/31
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

2014年度卒業式・修了式

DSC00803.JPG

1月31日

2014年度卒業式・修了式を執り行いました。

式には在浜松ブラジル総領事館 総領事ジョゼ・アントニオ・ゴメス・ピラス様、在東京ペルー共和国総領事館 副領事オズバルド・ブラボ様が駆けつけてくださいました。

また、ご多忙の中、外務副大臣の城内実様よりお祝いのメッセージを頂きました。

DSC00831.JPG

DSC00840.JPGのサムネイル画像1人ずつ名前を呼ばれ、卒業証書を受け取ります。

DSC00870.JPGこの日のために練習した「旅立ちの日に」を日本語で在校生と共に合唱

DSC00878.JPG式の後は「バルサ」。日頃の感謝を込め、親と一緒に踊りました。

また、当校が提携している日本の通信制高校の修了式も併せて執り行いました。

提携により、当校ではブラジル・ペルー本国と同じ教育を受けることができるばかりでなく、日本の高校の勉強もできます。

両方の勉強ができるので、本人が努力すればブラジル・ペルーへの進学ももちろん可能ですが、日本の専門学校・大学への進学もできます。

この制度を利用して、昨年度は二人が専門学校に進学し、今年度は二人が大学に進学を果たしました。

DSC00854.JPGDSC00855.JPG高校本部から先生が駆けつけてくださり、修了証書を手渡してくださいました。

DSC00856.JPG

修了生徒はムンド校の後輩に「頑張って勉強して、多くのチャンスを生かしてほしい。夢をあきらめないで。」と力強くエールを送りました。

新学期からは新たな取り組みとして、日本の高校教師によるスカイプでの遠隔授業も計画しています。

これからも、1人でも多くの生徒が自分の夢に向かって努力を続け、大きく飛躍できるような環境づくりに努めて参ります。

DSC00882.JPGDSC00884.JPG

           *       

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2014/12/16
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

 第19回いわしん絵画コンテスト 入賞 

20141214_103750.jpg

磐田信用金庫様主催「第19回いわしん絵画コンテスト」で、3701点の応募の中から、36名の入賞者が選ばれ、当校のブラジル教育課程8年のオイカワミホが見事入選いたしました。

今回のテーマは「わたしの夢」

彼女は家のソファでくつろいでいる絵を描き「変わらぬ日常がずっと続いてほしい」という願いを込めました。

20141214_104428.jpg

審査員の鈴木義一様(磐田市:日展会友、一水会会友、日本美術家連盟会員)から、「絵の具で描いた作品の多い中、鉛筆で描かれたこの作品に目がとまった。これからも描き続けてくださいね。」とお言葉をいただきました。

磐田信用金庫様、ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2014/12/16
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

 **国際こども絵画交流展2014 入賞** 

DSC00243.JPG

成田市制施行60周年記念事業「国際こども絵画交流展2014」(対象:6歳以上15歳以下)にペルー生徒が応募し、小等部2年イノウエアンジェリ、小等部4年ラジャアロン、小等部6年コハツロミナが海外からの300点を超える作品の中、見事入賞いたしました。

ふるさとがテーマとあって、遠く離れたペルーを想い作品を仕上げました。

ナルミ.jpg アロン.jpgのサムネイル画像 ロミナ.jpg

(左からイノウエアンジェラ、ラジャアロン、コハツロミナ)

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2014/12/16
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

静岡県セイブ自動車学校様 交通安全教室

DSC00021.JPG

11月6日、静岡県セイブ自動車学校様にて、小学校4年生以上の生徒を対象にした交通安全教室を

開催して頂きました。

練習用道路を使用し、自動車の内輪差による事故の再現や、死角からの急な飛び出しを体験する

死角体験をしました。

DSC00040.JPGのサムネイル画像 DSC00025.JPGのサムネイル画像

また、自転車交通マナー、走行中の注意など実演を交えて学ぶことができました。

DSC00054.JPG DSC00069.JPG

冬は日が短くなり、危険が増しますので、事故の加害者にも被害者にもならないため、

今回の安全教室が安全への意識を高めるよい機会となりました。

静岡県セイブ自動車学校様、ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2014/12/16
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

浜松ホストライオンズクラブ様 薬物講習

DSC00013.JPG

11月5日、浜松ホストライオンズクラブ様による中学生以上を対象にした薬物講習を開催いたしました。

薬物の種類や危険性といった基礎知識や、ドラッグ勧誘の常套句を動画を見て、知らないうちに巻き込まれないためにはどうしたらいいかなど学ぶことができました。

IMG_2626.JPG

浜松ホストライオンズクラブの皆様、ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2014/11/11
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

HP0.JPG

11月2日(日)ガーデンパークにおいて、「西区ふれあい広場」が今年も開催されました。雨の心配もあった中、ふれあい祭り開催の時間は雨も降らず、午前中は日差しもさして、今年もたくさんの方が足を運んでくださいました。

ムンド校では、地元の皆さんと交流させていただきながら、学校のことを知っていただきたいと、毎年ステージでのペルーの民族舞踊披露と、テントにおいて学校紹介をさせていただいています。今年は残念ながら雨の予想がされていたためステージでの発表は中止となりましたが、テントでは、高校生が作った学校紹介の大きなパネルを展示しました。

HP1.JPG

そして、ペルーの代表的な飲み物であるチチャモラダ(紫とうもろこしのジュースで血圧を下げる効果があります)とインカコーラ(ペルー人が大好きな飲み物です)をたくさんの方に試飲していただきました。また、今年は新しい企画として、ペルーの民族衣装試着体験コーナーも設け、皆さんに楽しんでいただきました。生徒たちも民族衣装に身をまとい、たくさんの方々と交流させていただくことができ、楽しい一日となりました。

HP2.JPGIMG_2616.JPG

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2014/09/29
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

8月26日(火)~29日(金)、大学生の宿泊研修を実施しました。この宿泊研修は毎年夏休みに実施しているもので、目的は、

1.大学生に机上の勉強だけでなく、現場で実習できる学びの機会の提供

2.外国人児童・生徒に大学生との交流活動の機会の提供

です。

例年は、南山大学人文学部日本文化学科坂本ゼミ生の日本語教育実習研修、スペイン・ラテンアメリカ学科の研修と大学・学部ごとに単独で実施していましたが、今年度は、南山大学の牛田先生、坂本先生のご協力のもと、新しい取り組みとして、宇都宮大学、上智大学の学生さんも加わり、総勢20名の異大学・異学部の合同研修を実施しました。

今回この合同研修を実施したのは、これまで様々な大学と連携をさせていただく中、外国人学校という現場にいろいろな大学・学部の学生さんが集い、ムンド校をハブ校として、大学生同士の連携もとれれば、よりバラエティに富んだ活動ができ、活動の幅も広がるのではないかと考えたからです。日中はムンド校で実習、夜は宿舎(浜松青少年の家)で講義、プレゼン、実習準備と内容の濃い研修となりました。同じ大学でも学部が違えばなかなか会う機会もなく、研修で「初めまして」という学生さんも多かったのですが、4日間行動を共にしたことで、学生さん同士親睦も深まったのではないかと思います。

下記リンクをクリックしていただくと研修終了後、坂本先生がまとめてくださった研修報告書をご覧いただけます。

https://docs.google.com/file/d/0B2TZ3jXx2HZlMGJ1VUlnMC1vS3M/edit?usp=drive_web

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2014/09/28
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

ムンド・デ・アレグリアの歩みを動画でご紹介いたします。

mundodealegria_04.jpg

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2014/07/21
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

 【第17回】「国際文化交流会スピーチコンテスト」に参加 

IMG_4758.JPG

7月19日(土)、静岡市グランシップで開催された国際ことば学院日本語学校の

「第17回 国際文化交流会」にゲストスピーカーとして今年も参加させていただきました。

この交流会は、国際ことば学院様が日本語の勉強のため来日している留学生の成果発表の場として、毎年1回開催されています。

ムンド校は、設立した2003年から毎年ゲストスピーカーとして参加させていただいております。

IMG_4647.JPG

今年度のスピーカーはペルー中等部4年ビラフェルテイリス、タイトルは『わたしの大切なもの』です。

小学校のときのつらい思い出、それでも逃げずに立ち向かってきたこと、その後信頼できる友だちに出会えたこと、それが自分にとってかけがえのない大切なものになったこと。これからどんなにつらいことがあっても笑うこと歌うことを忘れずにいれば、将来には明るくて楽しいことが待っているはずだ、彼女の想いを会場の皆さんに伝えました。

DSC_0221.JPG

彼女にとって今回が初めての日本語スピーチでしたが、何度も練習を重ねた甲斐があり、当日は堂々と力強くスピーチすることができました。

ゲストスピーカーとしての参加なので、順位こそつきませんが、学院長からの「自分の体験から得た話、心を打つものがありました」という温かいお言葉と共に、ことば学院長賞を頂きました。

このような大きな舞台で日本語スピーチをしたという経験は、彼女の自信にもつながるでしょう。

このような機会をいただき、国際ことば学院様、本当にありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2014/07/10
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

 天の川に願いよ届け! 短冊飾り 

DSC01193.jpg

志都呂竹林協議会様のご厚意によりりっぱな笹をいただき、

今年も短冊を結ぶことができました。

それぞれ願いを込めて短冊を書き、笹に飾りました。


DSC01191.jpgのサムネイル画像

「テストでいい点をとりますように」

「いもうとがほしい

「家族みんなが幸せになりますように」

DSC01196.jpg

日本語能力試験が近いということもあり、

なかには合格祈願する生徒もいます。

「N5ごうかくずるぞ!」

「N1絶対合格!」

DSC01190.jpgのサムネイル画像

1年生は覚えたてのひらがなをいっしょうけんめい使って、

将来の夢を書きました。

「レーサーになりたい」

「モデルになりたい」

「サッカーせんしゅになりたい」

7月7日はあいにくの雨でしたが、願いを込めて書いた想いはきっと天まで届いているでしょう。

1人でも多くの夢を叶える手助けができるようスタッフ一同努めてまいります。

志都呂竹林協議会様、ありがとうございました。

★~ ★~ ★~ ★~ ★~ ★~ ★~ ★~ ★~ ★~ ★~ ★~ ★~ ★~ ★~ ★~

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2014/07/10
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

フェスタジュニーニャ

rei 小.jpgのサムネイル画像

6月23日、雄踏文化センターでブラジルのお祭り「フェスタジュニーニャ」を開催しました。

クリスマスや母の日に並ぶ国民的な行事で、もともとは収穫を祝うお祭りです。

毎年大人も子ども楽しみにしており、今年もチェックシャツの田舎者スタイルで参加。

DSC01044.jpg

更に女の子は三つ編み、頬にそばかすの化粧をほどこし、男の子はつぎはぎズボンに口髭を描きます。

DSC01000.jpgのサムネイル画像

DSC01029.jpgのサムネイル画像class.jpgのサムネイル画像

学年ごとかわいらしいダンスを披露した後、

最後は結婚式をイメージしたクアドリリアというフォークダンスを

みんなで輪になって踊ります。

DSC01087.jpgDSC01133.jpg

母国を思い出す素敵な式になりました。

♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2014/05/20
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

FELIZ  DIA DAS MAES!

FELIZ DIA MAMA!

DSC00747.JPG

5月17日(土)、母の日のお祝いのイベントを開催しました。

日頃からの感謝を子どもたちが母親たちに伝えるいいイベントになりました。

親子ともども笑顔になった日でした。

DSC00780.JPGのサムネイル画像DSC00834.JPGのサムネイル画像

DSC00841.JPGDSC00853.JPG

DSC00806.JPGDSC00817.JPGのサムネイル画像

   

DSC00784.JPGDSC00799.JPG

DSC00860.JPGDSC00866.JPG

DSC00804.JPG

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2014/05/20
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

5月16日、浜松西ロータリークラブ様より定例会に呼んでいただき、ムンド校の活動を発表する機会を頂きました。ムンド校の設立の経緯、学校の目標、教育方針を話させて頂きました。そして、ペルー人の中高生たちがペルーの民族舞踊を2曲披露させていただきました。

IMG_1714.JPGIMG_1723.JPG

貴重な機会を与えて頂きありがとうございました。

これからも応援宜しくお願いいたします。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2014/05/20
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

5月13日、ホテルマネージメントインターナショナルグランドホテル浜松様よりご寄附を頂きました。

困っているところに手を差しのべるという経営者の方のお考えのもと、温かいご支援を頂きました。

生徒代表でペルー中等部5年トレスアヤコが「いつも私たちのことを気にかけていただき、ありがとうございます。皆さんの期待に応えられるよう、これからも勉強をがんばります」と感謝の気持ちを述べました。

DSC00704.JPG

生徒・職員一同心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2014/05/09
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

DSC00651.JPG

以前新野様よりたくさん寄付していただいた布を使って、ペルーの中・高等部の生徒がエプロンを作りました。

このエプロンは、母の日に感謝の気持ちを込めて母親に贈る特別なものです。

色とりどりの素敵なエプロンが出来上がりました。

新野様、ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2014/04/30
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

DSC00485.JPG

4月16日、「駐日ペルー大使奨学金授与式」を執り行いました。

本校は、昨年に続き今年もこの奨学金によるご支援をいただいており、今年は5名の生徒が対象となりました。授与式には、お忙しい中駐日ペルー大使エラルドエスカラ閣下がお越しくださり、認定書を直接生徒に手渡してくださいました。

DSC00483.JPG

DSC00488.JPG

「この奨学金で子どもたちは必要な教育を受けることができる。一生懸命、勉強に励んでください」と激励のことば

 DSC00476.JPG

「何の心配もなく安心して勉強を続けられます。本当にありがとうございます」と感謝を述べた

 DSC00492.JPG

奨学生代表あいさつ 「将来の目標をしっかりと持ち、ペルー人の誇りを期待に応えていきたい」

その後、中高生が感謝の気持ちを込めてペルーの伝統舞踊を舞い、式を閉じました。

DSC00499.JPGDSC00512.JPG

日頃より気にかけてくださるペルー大使館のご厚意に背くことのないよう、これからも努力を続けてまいります。本当にありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2014/03/31
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

在京都ペルー共和国名誉領事奨学金授与式

IMG_1509.JPG

 3月24日、本校で「在京都ペルー共和国名誉領奨学金授与式」が執り行われました。2010年から毎年、経済的に就学困難家庭の救済のためご支援いただいており、今年も6名のペルー人生徒が認定を受けました。当日は京都から在京都ペルー共和国名誉領事で茶道裏千家大宗匠の千玄室氏がお越しになり、認定書を一人一人の手をとり渡してくださいました。

DSC00213.JPG

「日本のいいところをたくさん吸収し、日本とペルーのために活躍できるように力をつけてください」と温かいおことばをいただきました。

DSC00233.JPG

 奨学生を代表し、ペルー中等部3年レイハ・ロサは「奨学金のおかげで日本でも母国と同じように勉強ができている。感謝の気持ちを忘れないように頑張ります」と感謝の気持ちを述べました。

DSC00283.JPG

 また、茶道裏千家淡交会浜松支部の会員の皆様十九人もお越しになり、お茶をたててくださり、全校生徒と教職員が茶道体験させて頂きました。

DSC00131.JPGCIMG0984.JPG

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2014/03/20
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

ウェルネス高等学校浜松キャンパス卒業証書授与式 

 

IMG_1424.JPG

 37日(金)ムンド校において、日本の通信制高校であるウェルネス高等学校卒業証書授与式を執り行いました。

 本校は、2011年にウェルネス高校と提携を結び、ムンド・デ・アレグリア学校がウェルネス高校浜松キャンパスとしても機能しています。そして、今年度浜松キャンパスから卒業生第1号が無事卒業を果たしました。

DSC00041.JPG

 卒業した生徒は、ペルー人の男子生徒です。ペルーでは、本国の教育課程が11年課程であるため、本校を卒業して日本の専門学校・大学に進学したい場合でも、日本の12年課程教育に1年足りないので、すぐに進学が叶いません。そこで、ペルー人生徒の日本での進学を叶えるため、ウェルネス高校と提携させていただきました。これにより、日本での進学希望者は、ペルー課程においてきちんと母語教育を受けながら、同時に日本の教育課程を通信で学べる体制が整い、日本での進学の可能性が一段と高くなりました。そして、今年度、初めてのウェルネス高校卒業生が出て、彼は4月よりトヨタ自動車大学校で日本人と机を並べて勉強し、自動車整備士を目指します。

DSC000432.jpg

 37日にウェルネス高校本部で実施された卒業証書授与式に合わせ、浜松キャンパスでもささやかではありますが、彼の門出を祝う式を執り行いました。地元企業の方々にも来賓としてご出席いただき、ムンド校生徒の見守る中、卒業証書が授与されました。卒業証書を手にした彼は、ペルー課程と日本課程の勉強を両立させ、両課程の卒業を果たしたことで大きな自信に繋がったのかその日の彼は一段と大きく見えました。

 本校では、いわゆる日系人の出稼ぎ労働者の子弟が在籍しています。就労目的での在日のため、在日期間が定まっておらず、就労状況により、日本と本国、日本国内を移動することが頻繁になされます。そのような状況の子どもたちですから、将来、進学を希望しても、それが、日本なのか本国なのかわからない状況で勉強を続けなければなりません。本校は、母語教育を実施している外国人学校ではありますが、このような子どもたちの状況を考慮し、将来、本国でも日本でも進学が叶うように母語教育はもちろんのこと日本語教育にも力を入れています。今回のウェルネス高校の卒業は、本校が目指す教育が一つの実を結び、教職員一同感慨深い卒業式となりました。卒業式での彼の姿を見て、次に続く後輩たちが多く出てきてくれることを願います。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2014/03/02
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

チラシ(JPEG).jpg

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2014/02/24
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

 「在住外国人との料理交流フェア」参加  

P1010363.JPG

2月15日(土)

細江町国際交流協会様主催の「在住外国人との料理交流フェア」に参加させていただきました。ムンド創立当時からお世話になり、今回で11回目の参加。多国籍料理が楽しめるとあって、今年はどんな料理があるだろう?と会場に向かう車の中で予想大会が始まってしまうほど、生徒が楽しみにしているイベントです。

今年、ムンド校が作ったのは3品。1品目はペルーの煮込み料理「チャンチョメチャド」です。チャンチョとは豚肉のことで、パンカというスパイスと酢などで下味をつけ、煮込みました。

P1010336.JPG

2品目はペルーの「カラプルカ」。パパセカという乾燥じゃがいもと肉をとろとろになるまで煮込んだ料理です。

IMG_1258.JPG

3品目はブラジルの「ボロ・デ・セノウラ」というキャロットケーキ。ふわふわの生地の上にチョコレートソースがかかっていて、調理室中いい匂いがしていました。

P1010335.JPG

各国の料理が揃い、みんなで試食。

「全種類食べたい!」とお皿いっぱい料理をのせて、お腹いっぱいになるまで頂きました。

P1010346.JPG

    P1010342.JPGのサムネイル画像   P1010338.JPG

【日本】焼きそば、わらび餅  【中国】水餃子、タピオカミルク他

   P1010340.JPGのサムネイル画像   P1010341.JPGのサムネイル画像

【フィリピン】イェマ(キャラメルキャンディ)、ルンピア(春巻き)他

   P1010337.JPG   P1010339.JPG

【インド】チャイ、サモサ  【韓国】トッポギ

料理を楽しんだ後は、歌やダンスの時間です。ムンドの生徒は「バリチャ」という、アンデス地方の民族舞踊を披露しました。

 P1010358.JPG  P1010354.JPG

楽しい時間はあっという間に過ぎるものです。

P1010366.JPG

最後は地域の方が育てたポンカンのお土産までいただきました。

細江国際交流協会様、ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2014/02/12
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

2013年度卒業式・修了式

全員.JPG



2月1日(土)

2013年度ブラジル課程・ペルー課程卒業式・修了式が行われました。

    花.JPG    他.JPG    スイーツ.JPG

          JD2.JPG      軽食.JPG        

    

ブラジル・ペルーでは、卒業生・修了生の入場がメインイベントです。保護者と腕を組んで、自分たちが選んだ音楽がバックミュージックで流れる中、一組一組入場します。

   登場①.JPG  登場②.JPG  登場③.JPG 

   登場④.JPG  登場⑤.JPG  登場⑥.JPG

卒業証書を授与され、卒業ガウンを着た生徒は、少し大人びて見えました。

   ジャルジン授与.JPG  小学生授与.JPG  高等部.JPG

卒業証書・修了証書授与の後は、卒業生・修了生は保護者とダンスを踊ります。ブラジル人・ペルー人にとっては大切な儀式の一つです。

踊り.JPG

今年は、日本で卒業式に歌われる定番の合唱曲である「旅立ちの日に」を中高生が合唱しました。何か月も前からこの日のために練習を重ねてきただけあって、とてもきれいな合唱で大きな拍手をいただきました。

旅立ちの日に (2).JPG

卒業式の最後は、記念撮影。そして、記念撮影の後は

一斉に帽子を高く投げ、無事卒業式が終了しました。

帽子投げ.JPG

今年度も卒業式・修了式を迎えることができましたのも、日頃ご支援いただいている方々のお蔭です。

これから卒業生は、ムンド校を巣立ち、それぞれの道を歩んでいきます。母国に帰る生徒、日本で就職・進学する生徒様々ですが、母国と日本、二か国での生活経験が今後の彼らの人生を豊かにしてくれることを願います。

ペルー卒業生.JPG

私たち教員は、卒業式を一つの区切りとして、また新年度気持ちを新たに

「すべての子どもたちに学ぶ歓びを」そして、「母語教育で豊かな心を、日本語教育で生きる力を」を目指してこれからも子どもたちと歩んでいきたいと思います。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2014/02/03
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

納税啓蒙アニメスペイン語ポルトガル語版制作!!

DSC00364.JPG

 12月5日、ペルー・ブラジルの小学校高学年の児童が、アニメ「マリンとヤマトの不思議な日曜日」を視聴しました。このアニメは、国税庁が税金への理解を深めるよう日本の子供たちのために作られたものです。すでに何校かの日本の小学校で上映されており、本校でも上映していただくこととなりました。アニメは日本語なので、日本語がわからない児童には中高生が通訳をしました。

CIMG1761.JPG

 上映後、このアニメのスペイン語版・ポルトガル語版があれば、ペルー・ブラジルの子供たちがより理解しやすくなるのではないか、そして、吹き替え版ができれば、保護者への納税への理解啓発になると考えました。そこで、ムンド校で教材として使用するという条件のもと、吹き替え版制作の許可を頂き、早速中高生の生徒たちを中心とした「アニメ吹き替えプロジェクト」を始動しました。そして、約1か月足らずでスペイン語とポルトガル語の吹き替え版が完成しました。

録音までの流れ.jpg


 生徒たちはアニメの翻訳も声優も初めてのことばかりで最初はどうなることかと思いましたが、西法人会様のご協力を得て、本格的なスタジオでプロの方に録音して頂き、予想以上の仕上がりとなりました。完成した吹き替え版を1月31日にペルー人児童・生徒が、2月3日にブラジル人児童・生徒が視聴しました。

DSC00367.JPG

DSC00369.JPG

 このプロジェクトは、生徒が翻訳、声優も務めました。台本作りは、何度も何度もセリフを練り直し、日本語能力のある生徒が大活躍! また、声優は、日本語の授業ではおとなしい生徒が、声色を変え、一人何役もの役を見事に演じました。生徒それぞれが自分の得意の分野で活躍できたことで、みんな生き生きとプロジェクトに参加することができました。

DSC00324.JPG DSC00330.JPG DSC00348.JPG

 そして、何よりの成果は、生徒自身が浜松西法人会様と連携させていただきながら、同じ外国人のために少しでも貢献できる活動ができたことです。日本人から外国人への一方的な支援ではなく、外国人自らが日本人と協働できる機会を創出する、これは、まさしくムンド校が目指していることです。

 今回このような機会を与えていただいた浜松西税務署様、浜松西法人会様に感謝申し上げます。

ありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2014/01/28
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

2014年新年会

1月13日、ムンド・デ・アレグリア学校で新年会を開催いたしました。

新年会は日本の文化に触れる大切な学校行事の一つでもあります。

毎年、正月のいろいろな遊びを体験しますが、今年は新たに凧作りに挑戦。

まずは型紙に沿って線を引き、上手に切ります。

その後は、骨組みと、紐つけ。

上級生に助けてもらいながら、幼稚園児も含め全員が挑戦しました。

DSC00194.JPG DSC00192.JPG DSC00201.JPG

最後は、好きな絵を描いて、世界に一だけのオリジナル凧の完成です。

DSC00196.JPG DSC00197.JPG

作った凧は、グランドで早速あげました。

当日は天気に恵まれ、程よい風もあり、絶好の凧揚げ日和。

高く高くあがる凧に、大興奮。

DSC00206.JPG DSC00219.JPG DSC00225.JPG

  

書き初めや年賀状にも挑戦しました。

「みらい」「豊かな心」「希望の光」の3部門に分かれ、慣れない筆に苦戦しながらも、何度も練習を重ねました位。完成した作品を壁一面に貼って、より一層正月らしくなりました。

DSC00304.JPG DSC00309.JPGのサムネイル画像

輪投げやボール投げなどいろいろなゲームを十分に楽しんだ最後は、全員揃ってビンゴ大会。

幼稚園から高校生まで、全員、カードとにらめっこ。

自分の待っている数字を引いてと、猛アピールする生徒もいました。

DSC00256.JPG DSC00246.JPG

今年も子どもたちの元気な声と笑顔の絶えない、そんなムンド校になるよう、教職員一同、より一層努力してまいります。

皆様にとっても、2014年が健康で明るく希望に満ちた年でありますようお祈り申し上げます。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2013/11/01
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

創立100周年・南山大学外国語学部創設50周年記念

合同イベント参加

IMG_5281.JPGのサムネール画像

10月12日(土)愛知県名古屋市にある南山大学に於いて、上智大学創立100周年・南山大学外国語学部創設50周年記念合同イベントが開催されました。

「日本で暮らす外国とつながる子どもたち」-教育現場で求められていること-と題されたこのイベントは第一部 シンポジウム、ショータイムをはさみ、第二部 学生による活動紹介と二部構成で開催され、本校校長が第一部シンポジウムにて発表、ショータイムではペルーの生徒が民族舞踊を披露しました。

そして、第二部の学生さんによる活動紹介では、南山大学スペイン語部及び人文学部日本文化学科坂本ゼミの学生さんが、それぞれムンド校で実習研修された活動報告をされました。その中で、本校のブラジル高等部3年のカイヤ・ラファエルとペルー中学4年のトレス・アヤコの二人が外国籍生徒代表としてスピーチをさせていただきました。

合同イベントの報告が上智のホームページにアップされています。

http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/news/2013/10/globalnews_895/20131022news2?kind=0

上智大学・南山大学の記念すべきイベントに、参加させていただきありがとうございました。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリア
2013/09/05
学校法人 ムンド・デ・アレグリア

日本語能力試験悲願のN1・N2合格!!

2013年第1回日本語能力試験の合格発表が行われました。毎回合格発表は、受験者本人よりも教員の方が緊張しますが、今回の合格は、私たち教員にとっても特別な合格発表でした。

今回合格を果たしたブラジル高等部3年のカイヤ・ラファエル(N1合格)、大塚イベンス(N2合格)は、日本の学校への通学経験がありません。浜松では、ブラジル人・ペルー人が多く在住しているため、特に日本語ができなくても生活できる環境にあります。ですから、外国人学校に在籍している生徒は、日本語を学べる環境がなければ、また、本人が日本語を学びたいという強い意志がなければ、日本語能力は身に付きません。今回合格を果たしたラファエルは小学校からムンド校に在籍し、ムンド校で一から日本語を勉強してきました。彼は、小学校時代から日本語能力試験に挑戦し、一歩一歩努力を重ね、5級、4級、3級、N2と階段を上り、遂に今回のN1合格を果たしました。小学校時代から彼を見ている私たち教員にとって、今回の彼の合格は何よりもうれしいものとなりました。

ラファエルN1.JPGのサムネール画像

また、N2合格を果たしたイベンスは、2008年のリーマンショック時、両親の失業により、学費の支払いができず、当時通学していたブラジル人学校を辞めざるを得なくなり、1年余り不就学の時期がありました。その後、縁あって本校に編入し、日本語学習を始めました。そして今回N2合格を勝ち取ったのです。中学の多感な時期に1年の不就学期間がありながら、それに負けることなく日本での進学を目指して、これまで勉強を続け、今回一つの結果を残すことができました。

イベンスN2.JPGのサムネール画像

今回の合格者は

N1 1名

N2 3名

N3 1名

N4 1名でした。

外国人学校で母語力・学力を付け、さらに日本での進学・就職のために日本語能力を付加するという本校の教育理念が少しずつ実を結びつつあります。将来、母国と日本の架け橋となる人材になれるように、これからも一歩一歩前に進んで行ってほしいと思います。

学校法人 ムンド・デ・アレグリア
学校法人 ムンド・デ・アレグリ